メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
詳細 もっと見る
金・銀のテクニカル分析見通し:金はトレンド反転が視野に、銀のモメンタムは失速。金、銀相場の行方は?

金・銀のテクニカル分析見通し:金はトレンド反転が視野に、銀のモメンタムは失速。金、銀相場の行方は?

Thomas Westwater, アナリスト

金相場、銀相場:テクニカル分析見通し

  • 金相場は、RSIが強気への反転を示唆しており、ダブルボトムパターンからのブレイクアウトが視野に入ってきた
  • 銀相場は、RSIが50を下回る中、100日単純移動平均線のレジスタンスで上値を抑えられ、下落
金相場見通し
金相場見通し
推薦者: Thomas Westwater
金見通しを無料で入手
ガイドを入手

金相場のテクニカル分析見通し:強気

金先物相場は、先週金曜に約1.2%下落するまでは、週間ベースで小幅な上昇となりそうな勢いだった。先週末の下落により、先々週から0.78%上昇した分は帳消しとなり、先週金曜の米国での取引時間帯で価格は、先週の始値1,694.69をわずかに下回る水準で取引されていた。これは、週足で見ると2020年4月以来の安値水準となり、3月のスイングハイ2,070.42から20%超下落した水準となる。

ダブルボトムのパターンは、3月に始まった下降トレンドを反転する可能性を示唆している。9月と先週金曜の安値が底値となり、10月初旬のスイングハイが高値となっている。このパターンを確定するためには、レジスタンスをブレイクする必要があり、今週相場が上昇すれば、レジスタンスを試す展開も視野に入ってくる。しかし、トレンドラインは下降しているため、このパターンの形成を阻む可能性がある。

とはいえ、レジスタンスを上抜けた場合、ブレイクアウトする可能性が高い。底値とレジスタンス水準との距離で計算されるブレイクアウトターゲットは、1,844の水準に位置している。RSI(相対力指数)の強気なダイバージェンスは、上昇の勢いが増していることを示唆しており、ダブルボトムをブレイクアウトできる可能性を高めている。このブレイクアウトは確定を待つ必要があるが、テクニカルな見通しは上向きに傾いている。

金相場 日足チャート

資料:TradingView

銀相場のテクニカル分析見通し:中立

銀先物相場は、先週金曜に2%超下げたため、週間ベースでマイナスに転じた。しかし、先週の6.38%の上昇分のうち半分以上はそのままであり、月間ベースではプラス圏にとどまっている。この1年間、銀相場は下降ウェッジパターンを形成してきたが、レジスタンスとなっているウェッジ上辺ラインの水準は、現在の価格から6%程度上に位置しているため、短期的なブレイクアウトの可能性は低いだろう。

また、100日単純移動平均線(SMA)およびフィボナッチ・リトレースメント23.6%の水準は、先週水曜から金曜にかけて、上値を抑制した。先週サポートとして機能していた18の水準付近まで下落する可能性がある。RSIは、日足で50を下回り、上昇の勢いが弱まっていることを示している。 予想外に上昇した場合は、ウェッジ上辺ラインが意識されるだろう。

銀相場 日足チャート

資料: TradingView

金の取引方法
金の取引方法
推薦者: Thomas Westwater
金の取引方法
ガイドを入手

--- DailyFX.com アナリスト トーマス・ウェストウォーター著

ウェストウォーター氏に連絡するには、Twitter で @FxWestwater までお願いいたします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。