メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
EUR/USD
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
英ポンド相場見通し 2022年第4四半期 : テクニカル分析による見通し

英ポンド相場見通し 2022年第4四半期 : テクニカル分析による見通し

DailyFX Team, Research
英ポンド相場見通し
英ポンド相場見通し
推薦者: DailyFX Team
GBP見通しを無料で入手
ガイドを入手

ポンド、上値を探る可能性。全体としては弱気のバイアスを維持。

テクニカル的な観点から見ると、3つの英国通貨ペアが混在している。第3四半期は、GBP/JPY英ポンド高、GBP/USDEUR/GBPが英ポンド安となった。日銀の介入により、GBP/JPYも同様に弱気となる可能性がある。年末に近づくにつれ、各中央銀行の利上げサイクルに大きく影響されるため、注意が必要だ。

GBP/USD 週足チャート

Chart, histogram  Description automatically generated

TradingViewでチャート作成:ザイン・バウダ

GBP/USDは、第3四半期を通じて安値を更新し続け、その過程でドルインデックスは数年来の高値を記録した。この間、何度も上昇を試みているが、主要なレジスタンスラインを守るために売り手が積極的に動いている。

8月中旬に重要な1.2000水準をブレイクして以来、1.1750のサポートからレジスタンスへと変化したレベルが堅持され、急激な下落が見られた。コンセンサスでは、英ポンドは第4四半期に向けてさらに下落するとされているが、急落だったことと、月足、週足、日足のタイムフレームでRSIがすでに売られすぎの領域にあることから、下げ続ける前に調整する可能性がある。20期間SMAは現在、重要な心理的な節目の1.2000に位置しているが、現在のFRBとBOEの利上げサイクルでは、これほど深く戻ることはできないかもしれない。1.1500または1.1750付近のレジスタンスエリアがより現実的な反転ポイントとなる可能性がある。

重要なレジスタンスライン: 1.1500, 1.1750, 1.2000, 1.2250

重要なサポートライン:1.1000, 1.0700, 1.0500

以下のEUR/GBP週足チャートでは、3月上旬に年初来安値を記録して以来、より高い高値とより高い安値を更新しており、最高の値動きを示している。高値を更新したところで、RSIが買われすぎの領域に近づいた0.88000付近にレジスタンスがあり、短期的に押す可能性がある。この場合、現在の価格の下に位置する移動平均線を再度試し、新たな安値を形成する可能性がある。現段階では、最も抵抗が少ないのは上方であるため、安値を更新するようなことがあれば、潜在的な買い希望にとってリスクとリターンが見合う可能性がある。ローソク足が直近の高値0.83800を割り込むと、強気の設定が無効となり、さらに下落することになる。あるいは、0.88000をブレイクして終えると、0.89250〜0.90000付近のレジスタンスエリアに向けて上昇することになる。

重要なレジスタンスライン: 0.88000, 0.89250, 0.90000, 0.92000

重要なサポートライン: 0.86325, 0.85500, 0.83800, 0.82000

EUR/GBP 週足チャート

image2.png

TradingViewでチャート作成:ザイン・バウダ

GBP/JPY 週足チャート

Chart, histogram  Description automatically generated

TradingViewでチャート作成:ザイン・バウダ

月足チャートからわかるように、GBP/JPYは2020年3月のパンデミックで付けた安値(123.250)の直前で事実上のダブルボトムとなり、その後は順調に上昇を続けている。当月を含めて3回、61.8%のフィボナッチ比率で押したり戻したりしている。現在、上昇ウェッジのチャートパターンが危うく、月足のローソク足の終値が下回るようであれば、さらに下落する可能性がある。多数のテクニカル的なハードルが20、50、100SMAなどのサポートとなり、上昇する前に押す可能性がある。

全体像としては、上昇の勢いを持続させるには、週足または月足のローソク足の終値が166.00を上回る必要があることを示している。あるいは、154.00を下回るブレイクとローソク足の終値によって値動きに変化が生じ、直近の高値が無効となる。

重要なレジスタンスライン: 163.200, 166.000, 168.000

重要なサポートライン: 156.300, 154.000, 150.850, 146.800

トレードに役立つメール配信サービス

DailyFXからタイムリーで国内外のマーケット情報を受け取ることができます。

登録する

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。