メイン コンテンツへスキップ
無料トレードガイド
購読する
Please try again
Select

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー・イベント

0

通知を受け取る

ライブウェビナーイベント
経済指標カレンダー・イベント

もっと見る もっと見る
2022年第3四半期も豪ドルトレンドは継続へ

2022年第3四半期も豪ドルトレンドは継続へ

共有する:

このページの内容
今期注目のトレード機会
今期注目のトレード機会
推薦者: David Song
2024年第2四半期 注目のトレード機会
ガイドを入手

豪ドル/米ドルは、50週SMA(0.7243)を上回ることができず、年初来安値(0.6829)を試す勢いだったが、為替レートが6月安値(0.6850)を支える限り、短期的な底になる可能性がある。

豪ドル/米ドル 週足チャート/ショート指値:豪ドル/米ドル

出所:TradingView

その結果、豪ドル/米ドルは、オーストラリア準備銀行(RBA)が今後数ヶ月の間に金融政策のさらなる正常化を目指す中、レンジ相場の状況に直面する可能性がある。為替レートは、6月の高値(0.7283)からの下落を再現しようとするかもしれない。フィリップ・ロウ総裁らは、「オーストラリアのインフレが長期的に目標値に戻るために必要なことをおこなうことにコミットしている」と述べている。

しかし、豪ドル/米ドルは、連邦準備制度理事会(FRB)が金融引き締めをしていることから、最終的に50週SMA(0.7243)のマイナスの勾配に追随する可能性がある。パウエル議長や政策決定機関であるFOMCがフェデラル・ファンド金利の急騰路線を予想する中、為替レートは2020年からの前進から元に戻り続ける可能性がある。

豪ドル/米ドルは、6月安値(0.6850)を支えるため、短期的に固まる可能性があるが、米国中央銀行が今後数ヶ月間に75bpの利上げを実施した場合、為替レートは2022年後半に年初来安値を更新する可能性がある。

豪ドル/日本円週足チャート

出所:TradingView

ドル/円は、6月に年初来高値(96.88)まで取引された後、足場を固めている。日本銀行(BOJ)がイールドカーブコントロール(YCC)を伴う量的・質的緩和(QQE)政策を堅持しているため、2022年後半も為替レートは上昇する可能性がある。

その結果、豪ドル/円は、オーストラリア準備銀行(RBA)の金融政策の正常化に伴い、2015年5月の高値(97.30)を試そうとする場面がさらに出てくる可能性がある。相対力指数(RSI)が70を超えると、今年初めに見られた値動きのように、為替レートの上昇を伴う可能性がある。

しかし、RSIが価格と乖離し、買われすぎの領域に入ることができなければ、豪ドル/円はより大きな調整に直面する可能性がある。6月安値(91.97)を支えきれなかった場合、強気のモメンタムが弱まり、為替レートは5月下値(87.30)に向かって下落する可能性がある。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。