メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
ウォール街
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
パウエル議長が利上げ継続を表明し、円は対ドルで下落。ドル/円相場の行方は?

パウエル議長が利上げ継続を表明し、円は対ドルで下落。ドル/円相場の行方は?

Daniel McCarthy, ストラテジスト

円、ドル/円、ドル、日銀、FRB、ジャクソンホール、利回り - トーキングポイント

  • パウエルFRB議長のタカ派発言を受け、ドル/円は利回りと共に上昇
  • 他の中央銀行がFRB同様、利上げに踏み切れば、円の地合いは脆弱になるリスクがある
  • ジャクソンホール会合を終え、ドル/円は新たな高値更新となるか?

テクニカル分析入門

テクニカル分析について

推薦者: Daniel McCarthy

コースを始める

26日のニューヨーク外国為替市場で円は下落。ジェローム・パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長がタカ派的な姿勢を示したことを受け、ドル買い・円売りの動きが強まった。ジャクソンホール経済シンポジウム講演でのパウエル議長の発言が、幅広い通貨に対する米ドルの下支えとなった。

米国債利回りは、議長の講演を受けて上昇し、今週に入ってからも上昇を続けている。米国とどの国の金利差も影響を与えるが、特にドル/円にとって、その影響は深刻である。

日銀(BOJ)は金融緩和政策を堅持しており、手を尽くして日本国債(JGB)利回りの上昇を抑制している。日本が低金利を維持することで、(調達した円を売って外貨を買い、高金利国の金融資産を運用する)円キャリー取引が再び増加し、円安がさらに進む可能性がある。

主要な中央銀行の中で金融引き締め政策を実施していないのは、日銀と中国人民銀行(PBOC)の2行のみである。この2行以外の中央銀行が政策金利の引き上げに動いているのは、40年来の高インフレが要因である。

先週金曜26日に総務省が発表した8月の東京都区部消費者物価指数(CPI)は予想を上回る上昇を示した。生鮮食品を除くコアCPIは前年同月比2.6%上昇と、事前予想(2.5%上昇)を上回った。東京のCPI数値は、3週間後に予定されている全国のCPI数値の方向性を予測するのに役立った可能性がある。全国CPI数値が高ければ、市場は日銀の政策に疑問を呈するかもしれない。

資料:TradingView

ドル/円 テクニカル分析

ドル/円相場は、7月に更新した24年ぶり高値である139.39を試す展開が視野に入ってきたようだ。この水準と、もう一つの高値である138.88がレジスタンスになりそうである。

先週、10日単純移動平均線(SMA)が34日SMAと55日SMAを上抜けし、ゴールデンクロスが示現した。これは、強気なモメンタムの醸成を示唆している可能性がある。

強気の三角移動平均(TMA)を形成するには、相場が短期のSMAを上回っている状態で、なおかつ短期SMAが中期SMAを、中期SMAが長期SMAを上回っている状態が必要である。また、すべてのSMAは正の勾配でなければならない。

10日、34日、55日、100日SMAのどの組み合わせにおいても上記の基準が当てはまる。

34日SMAと55日SMA付近の135.57のブレイクポイントが下値サポートとなる可能性がある。さらに下降すれば、ブレイクポイントと過去の安値が密集している131.25から131.75にかけてのエリアがサポートとして機能しそうである。

資料:TradingView

USD/JPYのトレード方法
USD/JPYのトレード方法
推薦者: Daniel McCarthy
USD/JPYのトレード方法
ガイドを入手

--- DailyFX.com ストラテジスト ダニエル・マッカーシー著

マッカーシー氏に連絡するには、Twitter で @DanMcCathyFX までお願いいたします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。