本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
AUD /USDプロの今後の見通し!総選挙と雇用統計次第で急上昇も

AUD /USDプロの今後の見通し!総選挙と雇用統計次第で急上昇も

DailyFX, Research

豪ドル、豪ドル/米ドル(AUD /USD)分析、ウクライナ戦争、NATO、新型コロナウイルス感染症に関する要点

  • アジア、欧州のマクロファンダメンタルズリスクにより豪ドル/米ドルの値動きが大きくなる可能性がある
  • オーストラリア総選挙、雇用統計は、低調な中国のデータが発表された後に、オーストラリアのボラティリティを高める可能性がある
  • NATOのスウェーデン、フィランドに対する前向きな姿勢は、ロシアの対応に懸念が生じる可能性がある

豪ドル/米ドルのボラティリティは、オーストラリア総選挙と重要な雇用統計の発表を控えているため、今後1週間で上昇することが見込まれます。特に、オーストラリア最大の貿易相手国である中国の低調なデータが今週初めに発表されたため、これらのデータに注目しなければなりません。中国の新型コロナウイルス感染症対策が経済活動に与える影響への懸念は、オーストラリア以外の国々にも波及し、リスク資産への投資意欲を冷え込ませる可能性もあります。

ウクライナ戦争をめぐる緊張の高まりや、スウェーデンとフィランドの北大西洋条約機構 (NATO)加盟の可能性は、弱気相場に拍車をかける恐れがあります。流動性の供給への需要が米ドルを押し上げると同時に豪ドルへの圧力となり、豪ドル/米ドルの急落を引き起こすかもしれません。

トレード戦略とリスク管理

グローバルマクロ

推薦者: DailyFX

コースを始める

ウクライナ戦争 最新情報

ウクライナ戦争を受けて、スウェーデンとフィランドがNATO加盟に申請することがわかりました。この見通しにロシアは難色を示しており、両国が加盟した場合、バルト海に核兵器を配備すると警告しています。しかし、新たな加盟国が軍事同盟に加わるためには加盟国30ヵ国すべての承認が必要であり、そのうち1ヵ国は加盟を拒否しています。

その1ヵ国であるトルコのレジェプ・タイップ・エルドアン大統領は、この北欧の2ヵ国が自国に対して好ましくない目標を持つクルド人武装勢力をかくまっているとして非難しています。内部協議は交渉を停滞させて、スウェーデンとフィランドのNATO加盟がもたらす政治的リスクによるマーケットへの影響を潜在的に遅らせる可能性があります。

地政学的リスクに関する最新情報は、Twitterでご覧いただけます。@ZabelinDimitri をフォローしてください。

ただしロシアが警告を実行に移す場合、さらに最近の主権侵害的な侵略主義により、リスク回避の動きの中で米ドルの需要が高まる恐れがあります。とはいえ、プーチン氏はこの領域では言葉を和らげており、実際の脅威レベルを曖昧にしているとも捉えられます。しかし、軍事面に対する警告には注意が必要であり、「ロシアの熊」を刺激する可能性があります。

AUD/USDのトレード方法
AUD/USDのトレード方法
推薦者: DailyFX
AUD/USDのトレード方法
ガイドを入手

オーストラリア総選挙

オーストラリアでは土曜日に新政権への投票が予定されており、9年間続いたスコット・モリソン氏の保守政権が交代する可能性が出てきました。選挙開始1週間前にモリソン氏が選挙運動を開始した後の世論調査では、アンソニー・アルバニーズ氏が率いる中道左派の労働党がわずかにリードしています。

世論調査は有権者の選好を示していますが、トレーダーは慎重な姿勢を崩さない可能性があります。「ハーディング(自社の調査結果の信頼性低下を防ぐために、世論調査会社が既存の調査結果を参考にして自社の調査結果を操作する行為)」によって、労働党の勝利予想確率が歪められている恐れがあります。最新の結果では、オーストラリア自由党は32.7%、オーストラリア労働党は (ALP) 35.7%です(5月17日現在)。

インフレが激化する中での生活費や国防問題は、特に攻撃的な中国を考慮すると、国民にとって最大の関心事といえます。物価上昇率は数十年ぶりの高水準です。住宅取得能力は特に大きな問題でしょう。利は上昇傾向にあり、二大政党は競って改善策を提示しています。このような背景から、候補者の財政案は豪ドルにとって重要な意味を持つでしょう。

トレードの基礎知識

FXのファンダメンタルズ分析

推薦者: DailyFX

コースを始める

オーストラリア雇用統計

今週、オーストラリアの雇用統計は重要な指標になる可能性が高く、エコノミストは4月に3万人の雇用増を見込んでいます。労働参加率は66.4%で変わらず、失業率は前月の4%よりわずかに低い3.9%になると予想されています。5月会合後の豪中金融政策にどのような影響を与えるのでしょうか。

豪中銀による今回の0.25%の利上げと、「金融政策の正常化プロセスを開始する」というマーケットの予想を上回る内容は、記録的なインフレの中で世界中に引き締め傾向が高まっていることを示しています。賃金の伸びに関する話題が相次いでいるため、雇用統計はオーストラリアの物価動向にとって重要かもしれません。雇用統計が労働市場の縮小を反映しているのであれば、豪中銀はより積極的に利上げを実施することが見込まれます。

ただし、新型コロナウイルス感染症に対応するためのロックダウンを背景に、中国のデータがこのまま低迷し続ければ、オーストラリア経済に悪影響を与えかねないことには注意が必要です。その結果、豪中銀は表現を軟化させて、金利引き上げを意図しているのにもかかわらず、ハト派的な態度を示すかもしれません。

豪ドル/米ドルAUD/USD テクニカル分析

豪ドルは4月5日以来、米ドルに対して10%以上下落し、最近では2年半ぶりの安値0.6829を付けました。豪ドル/米ドルは回復の初期段階であるかもしれませんが、0.7097〜0.7119間のレジスタンスゾーンが豪ドル/米ドルの上昇を抑える可能性があります。この幅広いレジスタンスゾーンにどのように立ち向かうかが、今後の展開とトレーダーのポジションを左右することになるでしょう。

豪ドル/米ドル – 日足チャート

豪ドル/米ドルチャート TradingViewで作成

このような場合、豪ドル/米ドルは弱気な見通しを強めて、センチメントが反転するまで抑えられたままとなる場合があります。反対に、レジスタンスゾーンを突破することは、強気派のトレーダーにとってプラスとなるはずです。豪ドル/米ドルがレジスタンスゾーンを超えた場合、クリアすべき次のラインは以前、突破する前に失速した、0.7253にある強力なレジスタンスラインになるでしょう。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。