メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

無料トレードガイド
購読する
Please try again
Select

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー・イベント

0

通知を受け取る

ライブウェビナーイベント
経済指標カレンダー・イベント

もっと見る もっと見る
天然ガス価格見通し:下落トレンド終了なるか?

天然ガス価格見通し:下落トレンド終了なるか?

共有する:

※2023年2月28日16時45分更新

天然ガス価格見通し

  • 天然ガス相場はもみ合い/小幅反発している可能性がある
  • 長い目で見て、価格下落が続いているように見えるうちは、反発や上昇の余地は限られる
  • 今後の見通しと注目すべき手掛かりとは?
成功するトレーダーの特長
成功するトレーダーの特長
推薦者: Manish Jaradi
成功するトレーダーの特長
ガイドを入手

ここ数日間の天然ガス相場の急反発は、弱気の勢いが衰えてきたことを示している。しかし、下落の流れが止まったと判断するのは時期尚早かもしれない。

天然ガス相場は先週、2年半ぶりの安値まで下落した後、過去4営業日で35%反発し、2月初旬の安値2.50に位置していた当面のサポートを割り込んだのは、偽りのブレイクだったとの見方が強まっている。長期の時間枠チャートでは大きく売られ過ぎの状況にあることから、短期的なもみ合いあるいは小幅上昇の動きが始まった可能性がある。大局的な視点については、2月21日付記事「天然ガス価格見通し:下落は行き過ぎ?」をご参照ください。

天然ガス 240分足チャート

資料:Tradingview

その後、2.50に位置するサポートからレジスタンスに転換した水準を突破するという素早い展開で、下落圧力がひとまず弱まりつつあることが確認された。天然ガス価格は現在、2月中旬の高値である2.65の重要なレジスタンスを試している。この上方ブレイクが確認されると、当面の下落の勢いが弱まったことが確認できる。その後のレジスタンスとして、1月下旬の高値3.60が控えている。

天然ガス 日足チャート

資料:Tradingview

とはいえ、2022年後半からの下落幅と下落ペースを鑑みると、下降トレンドがどれだけ長く深く続いてきたとしても、ここ数日の急反発はせいぜいデッド・キャット・バウンスだと見るのが妥当かもしれない。つまり、先週の安値を再び試す展開となる可能性も否定できないということである。「V字回復」とならない限り、過去数カ月にわたる大幅下落を取り戻すには時間がかかり、長期間にわたって下値固めの展開が続くかもしれない。

しかし、前回の記事で指摘したように、特に天然ガス相場が先週、力強いサポートや、昨年末に発生した大型のダブルトップパターン(2022年の高値で形成)の目標水準となっている2020年の安値1.45付近を決定的に下方ブレイクしそうになったことを考えると、価格下落が進行している可能性は否定できない。

トレードに役立つメール配信サービス

DailyFXからタイムリーで国内外のマーケット情報を受け取ることができます。

登録する

--- DailyFX.com ストラテジスト マニッシュ・ジャラディ著

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。