メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
混合
最終更新: Nov 29, 2022
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
GBP/USD
混合
最終更新: Nov 29, 2022
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
金、銀のテクニカル分析見通し:レンジ相場

金、銀のテクニカル分析見通し:レンジ相場

Manish Jaradi, ストラテジスト

金、金/ドル、銀、銀/ドル - テクニカル分析見通し

  • 金と銀の先物相場は、それぞれのレンジ内にとどまっている
  • 今月の金/ドルと銀/ドルの上昇は、貴金属相場の見通しが強気に転換したことを示唆するには不十分
  • 注目すべき重要な水準とは?
金の取引方法
金の取引方法
推薦者: Manish Jaradi
金の取引方法
ガイドを入手

金相場の短期テクニカル分析見通し - 中立

今週の金先物相場は下げが限定的で、まだ勢いがあることから、今月これまで維持されてきた重要なレジスタンスをもう一度試す展開となる可能性がある。

金/ドルは先週、予想より少し早く、重要なレジスタンス近辺から下降に転じた。1,800-1,820に密集した天井には、200日移動平均線と、少なくとも3つのトレンドラインのレジスタンスが含まれている。後者は2021年末、7月、8月からそれぞれ続いているトレンドラインである。

金/ドル 日足チャート

資料:TradingView

下降に転じる前の今月初めには、10月高値1,729の重要な天井を上抜け、下押し圧力がひとまず弱まったことが確認されていた。金相場が重要な転換となる高値を突破したのは、4月以来となる。

最近の下落にもかかわらず、金相場は重要なクッション材としてのサポートを維持している。そのサポートとは、レジスタンスからサポートに転換した1,729で、11月3日から15日の上昇をベースとしたリトレースメント38.2%とほぼ同じ水準にある。オシレーター系テクニカル指標のMACD (通称マックディ)が楽々とプラス圏で推移している(相場の上昇を示す)ことを考えると、1,800-1,820を再び試す展開となる可能性は排除できない。

金相場の直近の動きはレンジ相場を示唆しているが、今年の急落を考えると、今月の反発が(下降トレンドからの)反転の前兆なのか、自律反発に過ぎないのかはまだはっきりしない。数週間単位で見ると、トレンドは引き続き下向きである。

銀相場の短期テクニカル分析見通し - 中立

金相場は200日移動平均線を下回る水準を維持している一方、銀相場は一時的に長期移動平均線を上回ったものの、その水準にとどまるには至らなかった。先週の記事で指摘したように、11月15日に下げに転じてから、貴金属相場は上値の重い展開が続いている。

銀/ドル 日足チャート

資料:TradingView

銀/ドルの長期移動平均線は、8月から続くわずかに右肩上がりのチャネルの上辺付近に位置しているが、6月の高値22.50はわずかに下回っている。このレジスタンスバリアは、短期見通しには重要で、これを決定的に上抜ければ、銀/ドルはさらに上昇する可能性が出てくる。

一方、下降局面では、21日の安値20.55を下回ると、短期的にレンジ相場となる見通しが再確認されることになる。

レンジトレーディングの基礎
レンジトレーディングの基礎
推薦者: Manish Jaradi
レンジトレーディングの基礎
ガイドを入手

--- DailyFX.com ストラテジスト マニッシュ・ジャラディ著

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。