メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
詳細 もっと見る
依然として弱気な株価 : 注目のトレード機会 2022年第4四半期

依然として弱気な株価 : 注目のトレード機会 2022年第4四半期

James Stanley, シニアストラテジスト
注目のトレード機会:2022年第4四半期
注目のトレード機会:2022年第4四半期
推薦者: James Stanley
絶好のトレード機会の予測を無料で入手
ガイドを入手

金利が上昇し、中央銀行は追い詰められているように見える。

私は弱気でいるのが楽しいわけではない。経験豊富なトレーダーは、特にソーシャルメディア上で、弱気さを連想させるようなネガティブで不機嫌なトーンになる傾向があることを知っている。とはいえ、私の第4四半期のベストトレードは、第2四半期、第3四半期と同様、株式に対して弱気派であり、第1四半期と同様の様相である米ドルの強気派の延長線上にあることに変わりはない。

私はネガティブな人間ではない。というか、そうならないように心がけている。毎日、高値を更新し続けるマーケットが間違っていると思いながら拗ねていたが、これは良いこととは言えない。一般的に言って、少なくとも私が生きている間は、株式の強さにバイアスがかかっていたので、常に弱気でいることは調子が悪いだけでなく、過去40年間の大半で、かなり間違っていたのである。

弱気派にも日の目を見る日々があったが、それはごくまれなことだった。1987年のS&Lの破綻は大きなもので、その後1994年、1998年にもあった。米国では、2000年のITバブル崩壊まで、売り手は本当に長期にわたって活動し、6年後、金融崩壊が加熱しているときに再び流行したのである。

金融マーケット、ひいては社会一般の構造を大きく変えたのは、その後に起こったことである。そして今、それが問題になっている。金融崩壊に対する世界的な反応は、西側民主主義諸国における負債を原動力とする政府支出キャンペーンであり、これは世界がかつて経験したことのないようなものだった。そして、過去13年間の大半は、このことがそれほど問題であるようには思えなかった。

金利が低く抑えられていたため、投資家は株式マーケットに投資するインセンティブがあった。その結果、バリュエーション(企業価値の評価)は歴史的な高水準に達し、株価は長期にわたってその水準に留まったため、多くの人はそれが単なる「ニューノーマル(新常態)」であると信じ込んでしまったのである。そのため、相対的な利益や収益の数字が小さい企業に法外な倍率がかけられた。その結果、低金利を武器にした標準以下の企業が投資エコシステムに溢れ、金融システムに多くの無駄が生じることになった。

株式相場見通し
株式相場見通し
推薦者: James Stanley
株式見通しを無料で入手
ガイドを入手

何が変わったのか?

インフレ率だ。2009年から2016年にかけての世界金融危機後の多くの期間、インフレ率は一定の範囲内に収まっていたため、心配する必要はほとんどなかった。連邦準備制度理事会(FRB)と財務省は何度も量的金融緩和政策を実施し、金利をゼロ金利付近に維持したため、この7年間は決して平穏な道のりではなかった。

FRBは2017年に本格的な利上げを開始し、3回にわたり25ベーシスポイントずつおこなった。そして2018年には、その年の第4四半期にマーケットが急変し始めるまでさらに4回の利上げをおこなった。

FRBの対応は2019年に3回の引き下げで、2020年にパンデミックが到来した時にはすでに金利は極端に低くなっており、FRBは量的金融緩和政策という大胆な施策に戻らざるを得なかった。そしてFRBはこの施策に何度も繰り返し戻り続けた。そして、インフレ率が目標を上回って上昇しても、FRBは経済成長を鈍化させることを恐れて、変更を避けるようになったのである。

1年前、2021年9月のFOMCの利上げ決定時にドットプロットで2023年の利上げを1回だけ予想し始めたとき、FRBがシフトし始めたことを確認した。

その様相は11月に大きくなり、ジェローム・パウエルが議会を前にした再指名の公聴会で、FRBが金利を低く固定することを正当化するために使っていたtransitory(一時的な)という言葉を「引退」させる考えを持ち出したのである。それ以来、FRBはますますタカ派的になり、インフレ対策を銀行の優先事項とし、2022年9月の金利決定でパウエル議長から聞いたばかりのように、インフレが再び抑制されるまで利上げを継続するとしている。

IGクライアントセンチメントを使用してトレードする方法
IGクライアントセンチメントを使用してトレードする方法
推薦者: James Stanley
IGクライアントセンチメントを活用してトレードを改善
ガイドを入手

インフレとの戦い

インフレが高止まりし、金利の引き上げが続く中、株式投資を継続するための機会費用が増大している。また、借入コストが上昇し、資本コストが過去10年間で最も高くなっているため、企業にとって事業継続のハードルが高くなっている。

そして、a) インフレがコントロールされるか、b) 何かが崩壊するまで利上げが続くことを考えると、私の考えでは、株式の弱気派は魅力的な場として残り、それが今年の第4四半期の私のトップトレードとなるだろう。

S&P500

この原稿を書いている時点で、S&P500のサポートラインとして次に注目されるのは、パンデミック後に引き起こされた大きな動きの50%レベルと一致する3500ドル付近である。その下には、パンデミック前の高値である3400ドル付近があり、ここも引き続き重要なポイントである。

もし、本当に弱気になった場合、次の注目点は、パンデミックの動きのフィボナッチリトレースメント61.8%付近で、これは3200ドルの節目と重なっており、それによってサポートラインの「S3」エリアが生まれる。

S&P500 週足チャート

TradingViewでS&P500のチャート作成:ジェームズ・スタンリー

ナスダック

ナスダックは、この記事を書いている時点では、重要なサポートラインに留まっているが、その下には、弱気継続シナリオのために注目すべき水準が複数存在する。

最初のプロットは10501で、パンデミックの動きの61.8%リトレースメントであり、次は9763〜10002に及ぶゾーンである。後者の水準は2018〜2021年の大きな動きの61.8%リトレースメントである一方、前者はパンデミック前の高値である。

長期的には、もし売りが非常に強ければ、ナスダックの私の「S3」サポートラインは、8404-8798のフィボナッチレベルの間のゾーンになる。

ナスダック100 週足チャート

TradingViewでナスダック100のチャート作成:ジェームズ・スタンリー

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。