メイン コンテンツへスキップ
無料トレードガイド
購読する
Please try again
Select

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー・イベント

0

通知を受け取る

ライブウェビナーイベント
経済指標カレンダー・イベント

もっと見る もっと見る
米国株が急落、高インフレがFRBのタカ派姿勢継続との見方強める

米国株が急落、高インフレがFRBのタカ派姿勢継続との見方強める

ディエゴ・コルマン, ストラテジスト

共有する:

このページの内容

米国株見通し

  • 米国債利回りが急上昇し、S&P 500とナスダック100は急落
  • 8月の米CPIが予想を上回ったことで、FRBは中期的に積極的な利上げを継続せざるを得ないとの懸念が強まる
  • タカ派的な金融政策が予想されるため、米株価の持続的な回復は難しいと見られる

トレードに役立つメール配信サービス

DailyFXからタイムリーで国内外のマーケット情報を受け取ることができます。

登録する

13日の米国市場では、8月の米消費者物価指数(CPI)が予想を上回る伸びを示したことを受け、米国債利回りが急上昇し、株式は急落した。米国株市場で下落は広範囲に及んだ。リスク回避の動きが強まり、ほとんどの資産でボラティリティが上昇する中、一般消費財と情報技術(IT)のセクター銘柄が売りの矢面に立たされた。

S&P 500種株価指数は前日比4.32%安の3,933と、先週水曜以来の安値水準となり、2020年6月以来の大幅下落に見舞われた。ナスダック100指数も同5.54%安の12,034と急落し、2020年3月以来の大幅安を記録した。大型銘柄のアップルが5.84%、マイクロソフトが5.48%、アマゾンが7.03%それぞれ下落したことが響いた。

米国株急落の引き金となったのは、米労働省労働統計局が13日午前に発表した8月の消費者物価指数(CPI)だ。当局によると、8月の総合CPIは前月比0.1%上昇、前年同月比で8.3%上昇し、いずれもコンセンサス予想を0.2%ポイントずつ上回った。コア指数も前月比0.6%上昇、前年同月比6.3%上昇となり、いずれも事前予想を同程度上回って市場を驚かせた。

米国株相場見通し【無料】
米国株相場見通し【無料】
推薦者: ディエゴ・コルマン
米国株相場見通し【無料】
ガイドを入手

13日に発表されたCPIの数値は、物価上昇圧力が望ましいペースで弱まっていないことを示唆しており、米連邦準備制度理事会(FRB)が米国経済の需給バランスを取り戻すために、今後数カ月間、積極的な利上げを継続せざるを得ない状況であることを示すものである。FRBが積極的な金融引き締めを継続すれば、現在の景気減速がさらに悪化し、ハードランディングのリスクを高めると思われる。

米金融・債券市場では、この日、米国債利回りが急上昇し、2年債利回りは20ベーシスポイント(bp)以上上昇し、2007年10月以来の高水準となる3.77%に達した。指標となる10年債利回りも急上昇したものの、その上昇はより緩やかで、景気が不穏な動きになる際にシグナルとなる10年-2年米国債利回りのスプレッドは逆イールド化が進んだ。一方、FF先物利回りもほとんどの限月で上昇し、2023年4月時点の利回りは、朝の時点から36bp上回る4.32%になると市場は予想している。

2023年FF先物チャート(予想金利)

資料: TradingView

より積極的な利上げ実施の可能性が高まっていることと、2023年に金融政策を転換する可能性が低下したことを考慮すると、金融情勢は今後数日から数週間にわたり、大幅に引き締まる可能性が高い。このような環境下では、特にハイテク銘柄や成長株など、米株価の持続的な回復は難しいだろう。つまり、S&P 500種指数とナスダック100指数は当面、下落基調となる可能性があるということである。

S&P500 混合
データ提供:
の顧客はネットロングです。 の顧客はネットショートです。
変動 ロング ショート 建玉
日次 -6% -6% -6%
週次 -9% -8% -8%
プライスアクションとの関連性
ガイドを入手

S&P 500 テクニカル分析

S&P 500種指数は13日に急落し、先週水曜からの上昇分をほぼ帳消しにした。この急落により、同指数は9月安値と2022年安値を始点とする短期上昇トレンドラインが収束する3,900付近の重要なサポートに接近している。今後、この重要な支持線を割り込めば、センチメントは著しく悪化してさらに下降圧力が強まり、3,815に向けて下落する可能性がある。

一方、思いのほか、押し目買いの勢いが復活して上昇に転じた場合、最初の上値抵抗線は4,055になるだろう。さらに上昇すると、4,120、そして4,175が視野に入ってくる。

S&P 500 テクニカルチャート

資料:TradingView

トレーダーのための教育ツール

--- DailyFX.com マーケットストラテジスト ディエゴ・コルマン著

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。