メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
原油 – 米国原油
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
ウォール街
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
GBP/USD
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
米ドル/円はもみ合い、日銀は超低金利政策を維持

米ドル/円はもみ合い、日銀は超低金利政策を維持

Thomas Westwater, アナリスト

円、日銀、米ドル/円、金融政策 - トーキングポイント

  • 日銀の大規模な緩和政策維持を受け、米ドル/円相場はもみ合い
  • 日銀は、インフレ上昇が緩やかな中、政策金利と長短金利操作を維持
  • 米ドル/円は、方向性を模索する展開となった後は安定的に推移
円相場見通し
円相場見通し
推薦者: Thomas Westwater
JPY見通しを無料で入手
ガイドを入手

日銀、大規模緩和の金融政策を堅持

日銀は世界の金融引き締めの流れに逆らう形で、大規模緩和の金融政策を維持したが、米ドル/円の水準は結局、ほとんど変わらなかった。日銀は10年物国債利回りの上限を0.25%、短期金利をマイナス0.1%として金利水準を据え置いた。円は米ドルに対して、最初は上昇したものの、長くは続かず、結局水準の変化はほとんどなかった。日銀が物価上昇率の見通しを上方修正したことが、ここで円安進行を食い止めている理由かもしれない。

日銀は物価上昇率の見通しを4月の1.9%から2.3%に引き上げた。5月の全国消費者物価指数(生鮮食品およびエネルギーを除くコアCPI)は前年同月比2.1%上昇し、日銀が定める物価安定目標である2%をわずかに上回った。来年のコアCPI予測は、1.1%から1.4%に上方修正された。しかし、サプライチェーンの正常化に伴い、物価は引き続き目標を下回ると予想される。日銀は、コアCPIは2024年までに1.3%に低下すると予測しており、前回予想の1.1%からわずかに上昇しているものの、依然として物価目標を大幅に下回っている。

日銀は今年度の実質GDP(国内総生産)成長率見通しを2.9%から2.4%に下方修正し、中国のゼロコロナ対策による都市閉鎖、ウクライナ情勢、海外での金利上昇の影響を強調した。日本の消費者は、物価が名目賃金の伸びを上回っているため、賃金が実質的に下がっていることを実感している。今月初めに発表された5月の政府統計では、実質賃金の下落幅はほぼ2年ぶりの大きさであることが示された。

来年4月に任期満了を迎える黒田東彦総裁は、円相場が24年ぶりの安値水準まで下がったにもかかわらず、日銀の超低金利政策を断固として守り続けている。この円安は、すでに上昇していた輸入コストをさらに上昇させた。財務省が21日に発表した6月貿易統計速報では、日本の貿易収支は1兆3800億円の赤字だった。季節調整済みベースでは、2014年以来の高水準赤字となった。世界経済が冷え込む中、日本製品の需要は伸び悩み、日本の貿易収支は赤字が続くことが予想され、円への下押し圧力も続くだろう。

4月の金融政策決定会合の議事要旨では、珍しく為替が経済へのリスクとして追加された。これを不安の表れと受け止め、さらなる円安が進むことで、日銀が為替介入に動く可能性があると見る向きもあった。そのため、ウィドウ・メーカーと呼ばれる取引である日本国債のショート(空売り)が誘発された。日銀は利回り上限を守るため、異常に大量の国債を購入することを余儀なくされた。為替市場では、21日の日銀の金融政策発表で円が上昇するというテールリスク(稀にしか起こらない想定外の暴騰・暴落が実際に発生するリスク)を予想し、米ドル/円のショート(空売り)が増加する動きもあった。しかしこうしたショートの動きは、21日の日銀発表と共に低下した。

USD/JPYのトレード方法
USD/JPYのトレード方法
推薦者: Thomas Westwater
USD/JPYのトレード方法
ガイドを入手

米ドル/円 1分足チャート

資料:TradingView

トレードに役立つメール配信サービス

DailyFXからタイムリーで国内外のマーケット情報を受け取ることができます。

登録する

--- DailyFX.com アナリスト トーマス・ウェストウォーター著

ウェストウォーター氏に連絡するには、下のコメント欄を使用するか、Twitter で @FxWestwater までお願いいたします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。