メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
原油 – 米国原油
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
ウォール街
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
GBP/USD
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
金価格は小動き、アジア太平洋市場の株価下落の中、米ドル下落で原油は上昇

金価格は小動き、アジア太平洋市場の株価下落の中、米ドル下落で原油は上昇

Thomas Westwater, アナリスト

金、ブレント・WTI原油先物、中国、イラン、プロンプトスプレッド、テクニカル分析 – トーキングポイント

  • 金相場は、米ドル下落にもかかわらず、1,700の上の水準で小動き
  • 原油価格は上昇、アジア太平洋市場全体のセンチメントが改善
  • 原油のプロンプトスプレッドは、原油の供給減少を示唆
  • WTI原油先物は、18日のニューヨーク市場で上昇後、20日SMAと38.2%フィボナッチに接近
注目のトレード機会 :2022年第3四半期.
注目のトレード機会 :2022年第3四半期.
推薦者: Thomas Westwater
絶好のトレード機会の予測を無料で入手
ガイドを入手

米ドルの下落は金相場の買い材料にはならず、18日の米国市場での金価格は1,700のすぐ上の水準近辺にとどまり、ほとんど動きがなかった。先週、金価格は5週続落となり、2021年9月の安値を下回った水準で推移していた。この値動きは、金の強気派が、金価格が世界的に極めて高いインフレの恩恵を受けるというシナリオを完全に放棄した可能性を示唆している。19日のアジア太平洋市場全体で株価が下落する中、金価格は依然として小動きが続いている。

米商品先物取引委員会(CFTC)が発表した7月12日までの1週間のコミットメンツ・オブ・トレーダーズ(COT)の最新レポートによると、非商業(大口投機筋)部門の金のショートポジション総額が2018年以来の最高水準に達したことが明らかになった。心理的に重要な1,700の水準を下回ったことで、ここ数週間、売りが続いた後でも弱気なセンチメントが継続しており、金相場は今後、大きく下落する可能性がある。

ブレント原油先物は、米ドル安を背景に18日のニューヨーク市場で上昇した後、106近辺で取引されている。アジア太平洋地域、特に中国の市場心理が回復したことが下支えとなった。 中国当局は、未完成住宅の購入者に対し、住宅ローン支払いの保留を認める案を検討している。中国はまた、一部地域で都市封鎖が続く中、インフラ投資の加速により経済成長目標を達成しようと、地方政府に特別債の発行を通じてより多くの融資を行うよう促している。

イランは8月のアジア向け公式販売価格(OSP)を6.10ドルから、オマーン/ドバイの指標価格を上回る8.90ドルへと引き上げた。同指標価格は、中東湾岸、ロシア、メキシコ産の製品に対する原油の基準価格となっている。この動きはイランが、数少ない販売相手国の一つである中国からの需要が米国の制裁により増加することを見込んでいることを示唆している。イランは第2四半期の原油生産を日量約3万2,000バレルに増やしていた。

一方、WTI原油先物のプロンプトスプレッド(当限月と来限月の価格差)は、過去4つのセッション(売買立ち会い)にわたって拡大している。これは、原油の供給減少を示唆している。19日に米石油協会(API)が発表する週間在庫統計で米原油在庫が減少すれば、その見方が支持される可能性がある。しかし、20日夜に米エネルギー情報局(EIA)が発表する週間統計では、若干の在庫積み増しが予想されている。

資料:TradingView

原油相場 テクニカル分析

原油価格は、先週付けた7月の安値から10%以上上昇している。18日のニューヨーク原油市場で心理的に重要な100の水準を上抜けした後の今朝の動きは、フィボナッチ・リトレースメント38.2%の水準手前で小幅な値動きとなっている。20日単純移動平均線(SMA)はこのフィボナッチの水準のすぐ上に位置している。20日SMAの水準を突破した場合は、さらなる上げ幅の拡大を促す可能性がある。

原油相場 日足チャート

資料:TradingView

トレードに役立つメール配信サービス

DailyFXからタイムリーで国内外のマーケット情報を受け取ることができます。

登録する

--- DailyFX.com アナリスト トーマス・ウェストウォーター著

ウェストウォーター氏に連絡するには、下のコメント欄を使用するか、Twitter で @FxWestwater までお願いいたします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。