本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
USD/JPY
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
ユーロはECB(欧州中央銀行)の金利発表後に下落し、米国のインフレデータがユーロ/米ドルの主要なリスクに。期待できる要素は?

ユーロはECB(欧州中央銀行)の金利発表後に下落し、米国のインフレデータがユーロ/米ドルの主要なリスクに。期待できる要素は?

Diego Colman, マーケットアナリスト

ユーロの見通し:

  • ECBの利政策決定がタカ派の予想を裏切り、木曜日にユーロは下落
  • ECBは7月に0.25%の引き上げ、9月にはさらに引き上げる意向を示したが、ラガルド総裁は記者会見でより大幅な金利の引き上げを確約していない
  • 米国の5月インフレデータが上振れした場合、ユーロ/米ドルの下落が加速する可能性がある

トレードに役立つメール配信サービス

DailyFXからタイムリーで国内外のマーケット情報を受け取ることができます。

登録する

ECBは本日、6月の金利政策決定を発表しましたが、そのほとんどは予想されていたものであり、当初の好反応にもかかわらず、ユーロは米ドルに対して急落しました。午後のニューヨークマーケットでは、ユーロ/米ドルは取引開始時に0.2%以上上昇した後、0.6%下落し、1.6050になりました。

クリスティーヌ・ラガルドECB総裁は資産購入プログラム(APP)を7月1日に終了することを表明しましたが、事前に周知されていたため驚きはありませんでした。

主要金利は据え置きましたが、来月の会合で0.25%引き上げる意向を示しました。大幅な利上げを見込んでいたタカ派は、この表明に落胆しましたが、インフレ見通しが悪化した場合、9月により大幅な金利の引き上げをする可能性を残していたため、完全に失望したわけではないでしょう。

ECBの金利政策が発表された後、ユーロは当初上昇しましたが、ラガルド総裁の記者会見中に反転し下落しました。ラガルド総裁は事前に設定していた金融引き締め方針を確約せず、最大限の柔軟性と選択性を主張しています。これは、分断化(フラグメンテーション)の逆風が強まり、経済成長が急速に鈍化する状況(新たなマクロ予測に反映されている)の中で、秋以降に積極的に調整する意思を十分に示していない可能性があります。

金曜日に米国で重要な最新のCPI(消費者物価指数)の発表が予定されていることから、今後、ユーロ/米ドルは下落する可能性が高まっています。

BEA(米商務省経済分析局)は明日、先月のインフレデータを発表します。5月のCPIは前月比0.7%上昇、前年同月比8.2%上昇と予測されています。コア指数(食料品やエネルギーを除く)は、前月比0.5%上昇、前年同月比5.9%とされています。

いずれの指数も4月と比較すると、年率換算で若干の低下が予測されますが、特に総合インフレ率はエネルギーと食品コストの高騰により、改善はわずかになると見られています。しかし、予想よりも大きく上振れした場合、FRB(米連邦準備制度理事会)が7月以降も0.5%単位で利上げを継続すると予想されることから、今後数日から数週間で米国債利回りが再上昇し、米ドルのユーロに対する価値が上昇する可能性があります。

EUR/USD 強気
データ提供:
の顧客はネットロングです。 の顧客はネットショートです。
変動 ロング ショート 建玉
日次 -6% 10% -1%
週次 -5% 10% -1%
プライスアクションとの関連性
ガイドを入手

ユーロ/米ドル テクニカル分析

ユーロ/米ドルは木曜日に上昇を試みましたが、1.0735〜1.0786付近にある複数のレジスタンスゾーンに再び弾かれました。これを受けて、1.0650〜1.6030の重要なサポートゾーンに向かって急落しています。このサポートゾーンから下抜けした場合、1.0500の心理的なサポートライン、そして5月の安値である1.0350付近へ向かう可能性があります。

反対に下落した際の買い手が戻り、強気な反転が見られた場合、最初のレジスタンスゾーンは1.0735〜1.0786に現れるでしょう。このレジスタンスゾーンを上抜けする動きが見られた場合は上昇圧力が高まり、2022年の高値と安値を使って引いたフィボナッチ・リトレースメント50%レベルである1.0922付近に向けて押し上げられる可能性があります。

ユーロ/米ドル テクニカルチャート

ユーロ/米ドル TradingViewでチャート作成

--- DailyFX マーケットストラテジスト ディエゴ・コルマン著

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。