メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
混合
最終更新: Dec 5, 2022
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
中国規制緩和期待でユーロ上昇も、当局者の発言で失速。ユーロ/ドルの行方は?

中国規制緩和期待でユーロ上昇も、当局者の発言で失速。ユーロ/ドルの行方は?

Daniel McCarthy, ストラテジスト

ユーロ、ユーロ/ドル、ドル、中国、米CPI、FRB - トーキングポイント

  • ユーロ/ドルは、ドル安に伴い大きく上昇も、失速
  • 中国情勢が引き続き、市場の成長見通しに大きく影響する
  • 10日発表の米CPIが市場を驚かせる内容なら、ユーロ/ドルはどこへ向かうのか?
ユーロ相場見通し
ユーロ相場見通し
推薦者: Daniel McCarthy
EUR見通しを無料で入手
ガイドを入手

ユーロ/ドルのテクニカル分析

ユーロ/ドルは先週金曜、中国がゼロコロナ規制を緩和するとの期待からドル安となった流れを受け、上昇した。ゼロコロナ政策に基づく規制は、世界第二の経済大国である中国の企業活動を妨げている。

ユーロは、他のどの主要通貨よりもこの思惑で上昇した。恐らく、ドルのロングポジション(ドルの買い持ち)割合が、円、英ポンドスイスフランよりも多いためだろう。

ユーロの上昇は、中国がゼロコロナ政策から脱却する計画を詳述した出所不明の文書が出回ったことがきっかけだが、その後、中国の国家衛生健康委員会の当局者がゼロコロナ政策堅持の方針は揺るがないと発言し、中国の経済再開への期待を一蹴した。

このことを考慮すれば、ユーロ/ドルが週明け7日に下落して始まり、相場が反転したことは想定範囲内である。

豪ドルやニュージーランドドルなど、より景気動向に敏感な通貨は、週明けの米ドル高の影響が他通貨よりも大きかった。

今週は、10日(日本時間午後10時半)に発表される米国の消費者物価指数(CPI)が焦点となる。ブルームバーグのエコノミスト調査によると、10月のCPIは前年同月比7.9%増加と予想されている。前回9月の8.2%増からは伸び率がやや鈍化する見通しだ。

この予想が外れた場合、米連邦準備制度理事会(FRB)が現在の利上げ路線に変更を加えるかもしれず、相場のボラティリティが上昇する可能性がある。

EUR/USDのトレード方法
EUR/USDのトレード方法
推薦者: Daniel McCarthy
EUR/USDのトレード方法
ガイドを入手

ユーロ/ドルのテクニカル分析

ユーロは、直近高値0.9976および1.0000のブレイクポイントのすぐ手前でそれぞれ失速した。

これらの水準は、直近高値1.0094のすぐ下に位置するもう一つのブレイクポイント1.0090を目指す前に、引き続きレジスタンスとなる可能性がある。

最近の上昇により、ユーロ/ドルは10日、21日、34日、55日単純移動平均線(SMA)を上回り、短中期の弱気モメンタムが一服していることを示唆している。

ユーロ/ドルがこれらのSMAを上回る水準で推移し続ければ、下降しているSMAはすべて上向きに転じ、強気モメンタムの発生を示唆する可能性がある。

右肩下がりの100日および200日の長期SMAは、引き続き価格を上回って推移しており、今のところは基本的に弱気のモメンタムが維持されているように見受けられる。

サポートは、以前の安値0.9730、0.9705、0.9632、0.9536になる可能性がある。

image1.png

資料:TradingView

--- DailyFX.com ストラテジスト ダニエル・マッカーシー著

マッカーシー氏に連絡するには、Twitter で @DanMcCathyFX までお願いいたします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。