メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
弱気
最終更新: Nov 29, 2022
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
GBP/USD
混合
最終更新: Nov 29, 2022
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
英ポンド反発、英中銀の国債購入が当面の大混乱を食い止める。英ポンド/ドル の行方は?

英ポンド反発、英中銀の国債購入が当面の大混乱を食い止める。英ポンド/ドル の行方は?

Daniel McCarthy, ストラテジスト

英ポンド、英ポンド/ドル、英中銀、英国債、ドル - トーキングポイント

  • 英ポンドは、英中銀の債券市場への介入により、ひとまず落ち着いた
  • 英中銀は市場の混乱を防いだが、政策上の課題は残る
  • ドルは上げ幅を縮小。英ポンド/ドルの回復を促すのか?

トレードに役立つメール配信サービス

DailyFXからタイムリーで国内外のマーケット情報を受け取ることができます。

登録する

英イングランド銀行(中央銀行)が29日に英国債の購入を開始すると、英ポンドはそれに伴って上昇した。

英ポンド/ドルの上昇は一部で歓迎されたかもしれないが、その勢いは持続せず、前回の高値である 1.0931 の手前で下げに転じた。

英中銀は、「市場の安定化」に向け、「必要なだけの規模(の英国債)を購入する」と述べている。

国債利回りが低下し、英ポンドがドルに対して上昇したことで、目先の危険で不安定な状況はある程度回避されたように思われる。

しかし、英ポンド、英債券市場ともクワーテング英財務相による景気刺激型の財政政策の発表で受けたダメージを完全には取り戻せてはいないことに留意する必要がある。

英ポンド/ドル、英1年国債、英10年国債

資料:TradingView

市場は、英中銀の債券市場への介入が、英国への投資リスクが高まっている状況を改善するのに十分であるとは考えていないようだ。

英国政府には政治的な圧力がかかっており、クワーテング英財務相は自身が掲げた財政政策について、多くの英金融機関大手と面会していると報じられている。

国際通貨基金(IMF)や米国財務省も懸念を表明している。大規模な減税を撤回することが、最も摩擦が少ない方法であるように思われる。

英国政府が現段階で、政府債務を増やすことになる政策に踏み切るのは理解しがたい。他のすべての先進国政府は、債務の拡大ではなく、パンデミックで累積した債務を減らすために努力している。

さらに英中銀は、富を破壊する不安定で高水準なインフレを抑制するため、金融引き締めを進めている。財政政策を緩めることは、その引き締めの努力を台無しにすることを意味する。

財政政策の変更とその後の債券市場への介入による混乱は、世界の市場に波及している。

米連邦準備制度理事会(FRB)がインフレ抑制への姿勢強化を改めて表明したことがドルの下支えとなる中、英ポンドはドルに対し、この政策的なねじれが生じる前にすでに不安定な値動きとなっていた。

債券市場では、英国債利回りがイールドカーブ全体で13-24ベーシスポイント低下したが、依然として歴史的な高水準にあり、全体として「強いドル」の下支え要因であることに変わりはない。

GBP/USDのトレード方法
GBP/USDのトレード方法
推薦者: Daniel McCarthy
GBP/USDのトレード方法
ガイドを入手

--- DailyFX.com ストラテジスト ダニエル・マッカーシー著

マッカーシー氏に連絡するには、Twitter で @DanMcCathyFX までお願いいたします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。