メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
ウォール街
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
株は弱気、英ポンド/円も弱気|2023年第1四半期の注目のトレード機会

株は弱気、英ポンド/円も弱気|2023年第1四半期の注目のトレード機会

James Stanley, 寄稿者
注目のトレード機会:2023年第1四半期
注目のトレード機会:2023年第1四半期
推薦者: James Stanley
絶好のトレード機会の予測を無料で入手
ガイドを入手

株は弱気、英ポンド/円も弱気

株はまだ弱気相場が終わったとは思っていない。そして念を押すが、私は永遠の弱気論者ではないし、少なくとも自分ではそう思っていない。しかし、私はこの1年の大半で株式に対して弱気であり、これを第2四半期から第4四半期における私の注目のトレード機会に設定したほどで、第1四半期には米ドル高に関連したテーマに注目していた。

来年については、過剰な弱気相場が続くと考える。FRBはすでに予定している利上げの大部分を実施したかもしれないが、インフレは依然として問題であり、何かが壊れるかインフレが収まり始めるまで利上げを継続せざるを得ないだろう。インフレが収まるとすれば、そのシナリオに強い景気後退要因が含まれていないとは考えにくいので、どちらのシナリオにせよ、FOMCで目立った方向転換がなされる前に、何らかの痛みがやってくるように思われる。

おそらく株式にとってより重要なのは、利上げの影響が浸透することであろう。利上げが経済を通して価格に反映されるには時間がかかり、昨年の利上げペースが、まだどの程度のインパクトがあったのか、かなり判りにくい。しかし、企業業績については、論理的には、まだ影響がみられる。仮に来年前半まで金利が高止まりした場合、企業収益がより大きな打撃を受けないとは考えにくい。

また、これまでの景気低迷の例とは異なり、インフレ率が目標を大幅に上回っているため、FRBにはすぐに緩和政策に移行するような支援的な選択肢はない。そしてはっきり言って、2022年もこの選択肢はなかったが、それでもマーケットの参加者は6月にインフレ率の上昇が止まり、10月にはFRBが政策を転換する可能性を織り込んだ。しかし、インフレ率は6月に頂点に達せず、FRBは10月にハト派に軸足を移すことを示唆するような発言もしなかった。そして、これらは2023年のトレードで扱われるテーマだと考える。

S&P 500

S&P500で最初の目標とするサポートラインの水準は、現在の価格から約9.5%にある3500だ。これは、10月にその安値を3502で更新したことでほぼ実現した水準である。もし弱気が進行した場合、3200付近にもう一つの注目すべき水準があるが、これは現在の価格から約17.5%離れており、1四半期で求めるのは少し強引かもしれないが、上記の「何かが壊れる」シナリオに至れば可能性がある。より可能性が高いのは、パンデミック前の高値がサポートラインになることで、それはちょうど3400の水準あたりに位置する。

S&P500 週足チャート

TradingviewでS&P 500の週足チャート作成:ジェームズ・スタンリー

ナスダック

私はナスダックについても弱気で、おそらく上記のS&P500よりもさらに弱気だ。パンデミック時の安値からパンデミック時の高値にフィボナッチ・リトレースメントを同様に設定すると、より下落していることが分かる。S&P500が大きな動きで見た時に50%で反発した一方で、ナスダックはリトレースメント61.8%で2022年の安値(少なくともこの記事の執筆時点)を付けた。

このリトレースメントは10,501に位置しており、最初の目標となる。その下には、10000の心理的な節目があり、さらにパンデミック前の高値である9763、その後、フィボナッチ・リトレースメント76.4%が9000ラインのすぐ上に表示される。

ナスダック100 週足チャート

TradingViewでナスダック100の週足チャート作成:ジェームズ・スタンリー

英ポンド/円

今回の注目のトレード機会ではFXの通貨ペアである英ポンド/円を取り上げるが、このペアは下落に向かう可能性があるとみている。日銀は政策のペダルを踏み続けているが、金利がここから大きく上昇するような状況にはないだろう。景気後退要因が強まるにつれ、将来的な金利低下を見越した投資家の長期国債購入により、イールドカーブの反転が進む可能性がある。米国債の金利が下がれば、キャリートレードの資金源として円を使う動機が薄れ、円安の巻き戻しが進む可能性がある。また、英ポンドについては、すでに景気後退要因が顕在化していることもあり、現時点では十分に割安感がある。

テクニカルな観点から見ると、英ポンド/円はまだ170の心理的な節目を超えて回復することができず、このレベルは弱気を維持するのに役立つ。過去の値動きから判断して、159.45、そして148.87を下値の目標としたい。

英ポンド/円 月足チャート

TradingViewで英ポンド/円の月足チャート作成:ジェームズ・スタンリー

トレードに役立つメール配信サービス

DailyFXからタイムリーで国内外のマーケット情報を受け取ることができます。

登録する

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。