メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
EUR/USD
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
豪ドル相場見通し 2022年第4四半期 : 豪ドル/米ドルの下降ウェッジと逆ヘッド・アンド・ショルダーに注目

豪ドル相場見通し 2022年第4四半期 : 豪ドル/米ドルの下降ウェッジと逆ヘッド・アンド・ショルダーに注目

Thomas Westwater, アナリスト
豪ドル相場見通し
豪ドル相場見通し
推薦者: Thomas Westwater
AUD見通しを無料で入手
ガイドを入手

テクニカル分析による豪ドルの今後の見通し

豪ドルは7月に堅調なスタートを切ったものの、8月と9月に米ドルに対して下落した。価格が2021年6月以来の高水準に達した4月からの下落トレンドが拡大し、その後、売りに転じた。豪ドル/米ドルは、米ドルが主要通貨に対して急騰した後、約4%下落して9月を終えている。

豪ドル/米ドル – 週足チャート

TradingView でチャート作成

8月中旬の反発は、6月の高値の手前で失速している。2回目の反発による高値をレジスタンスラインと設定して、下降ウェッジパターンを検証してみると、価格は9月にウェッジのサポートライン付近で終値を付けた。下降ウェッジは強気のパターンであり、価格がレジスタンスラインを突破すると、ブレイクアウトにつながる可能性がある。第1四半期は価格がサポートラインを突破する可能性をみせていたが、RSI(相対力指数)の強気のダイバージェンスは今後の見通しに対してポジティブな要素になるだろう。

月足チャートでは、逆ヘッド・アンド・ショルダーが確認できる。このパターンは、右肩が形成され、価格がネックラインをブレイクするまでは未完成である。第4四半期の反発は右肩を形成しているが、1月までにネックラインに到達する可能性は低いだろう。だが、豪ドルの強気筋にとって、決定的な反転を起こす魅力的な要因となるはずだ。

一方で、価格は下落を続ける可能性がある。その場合、2020年に価格を下支えした2008年と2009年の安値によるサポートゾーンを突破するかもしれない。0.600の心理的水準は、サポートレンジの底に向けた別のサポートゾーンとなり、より大きな下落を食い止め、価格が2000年初頭にトレードされた水準に達することを防ぐ可能性がある。豪ドル/米ドルの見通しは、先行する下降トレンドを考慮すると弱気に傾いており、そのため「トレンドは友だち(トレンドには逆らわずに、トレンドに乗ったほうがよい)」という格言が当てはまるだろう。

豪ドル/米ドル – 月足チャート

TradingView でチャート作成

トレードに役立つメール配信サービス

DailyFXからタイムリーで国内外のマーケット情報を受け取ることができます。

登録する

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。