本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
USD/JPY
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る

マーケットニュース記事

S&P500、悲惨な米国経済指標にもかかわらず上昇も、景気後退懸念が上昇抑制
2022-06-23 20:35:00
取引時間中の大半が小幅な値動きとなったS&P500指数は終盤に上昇に転じたが、米経済指標の悪化を受け、上昇は短期間で終わる可能性がある。
金相場の見通し:インフレ上昇と景気後退、予想が二極化する中、金相場は小動き
2022-06-23 03:30:00
今週の金相場は、米連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言が重しとなり、小幅な値動きにとどまっている。市場で台頭しているインフレ上昇と景気後退という対極する見通しは、金のファンダメンタルズに矛盾している。
パウエル証言後の景気後退懸念でS&P500は下落、弱気相場入り
2022-06-22 20:20:00
米連邦準備制度理事会(FRB)によるインフレ抑制が景気後退につながるのではとの懸念が広がり、S&P500は一日の大半をプラス圏で推移していたが、下落に転じ、小幅下落で取引を終了した。
円は1998年の安値まで下落、一方でナスダック100指数は上昇。アジア市場取引時間帯を注視
2022-06-21 23:00:00
金融市場では21日(火)、日銀が先週、超低金利政策の維持を決定したことが響き、ナスダック100指数は上昇した一方、円相場は1998年の最安値まで下落した。アジア市場でも株価上昇は続くのか?
中央銀行の動向:BOC(カナダ中銀)、RBA(豪中銀)、RBNZ(ニュージーランド準備銀)の利上げ予測に関する最新情報
2022-06-21 21:30:00
コモディティ通貨の各国中央銀行は、次回会合で少なくとも0.5%の利上げを実施すると予測されています。
FX週間見通し - トップ5イベント:英国インフレ率、カナダインフレ率、パウエルFRB議長の議会証言、日本インフレ率、ドイツIfo景況感指数
2022-06-21 20:30:00
来週は世界中で鈍化する経済成長率と記録的なインフレ率がどうなるかに注目
量的引き締め:量的引き締めとは? どのように機能するのか?
2022-06-21 05:00:00
量的引き締めは、景気の過熱を抑制するために中央銀行が用いる政策手段である。その実施方法と潜在的な欠点を考察していきたい。
RBAによるタカ派発言で豪ドル反発も鉄鉱石が重しに。豪ドル/米ドルの行方は?
2022-06-21 02:00:00
豪ドルは、オーストラリア準備銀行(RBA)がイールドカーブ・コントロール(YCC、長短金利操作)を正当化し、今後の利上げについて説明するのに躍起となった後、上昇した。豪ドルは米ドルに対して上昇するのか?
日銀の超低金利政策継続で米ドルが対円で急騰。支えに乏しい円相場、今後の行方は?
2022-06-17 03:00:00
日銀は6月、金融政策の現状維持を決定。急速な円安進行にもかかわらず超低金利の政策継続を決定したため、円は急落している。米ドル/円相場の行方は?
日銀の決定が迫る中、ビットコイン/米ドル(BTC/USD)は20,000割れの可能性
2022-06-16 23:00:00
ビットコイン価格は、ウォール街で市場心理が後退する中、心理的に重要な20,000の水準を割り込む可能性がある。日銀はきょう、金融政策を発表する。
金相場の見通し:金価格(XAU/USD)は債券相場の反落を背景に、米連邦公開市場委員会(FOMC)の動きを背景とした上昇分を失う可能性がある。
2022-06-16 03:30:00
金価格は、国債利回りの低下につながる米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ決定を受け、上昇するかもしれない。しかしながら、今後さらに利上げが進めば、債券相場の下落が再び金相場を下押しする可能性がある。
原油価格、米在庫・生産量の増加で6月安値視野に
2022-06-16 00:30:00
原油価格は、6月のオープニングレンジを守れない場合、今後数日間、さらに下落する可能性がある。
FRB(米連邦準備制度理事会)のタカ派姿勢にもかかわらず、S&P 500とNASDAQ100は上昇したが、継続するだろうか
2022-06-15 21:30:00
概要:パウエルFRB議長が進行中の金融引き締めサイクルにおいて、0.75%の利上げを続けることが一般的になるとは思わないと発言した後、米国株は上昇しました。
金相場は50日単純移動平均(SMA)の手前で反落後、5月の安値に接近
2022-06-15 00:30:00
米連邦準備制度理事会(FRB)が引き締め政策を実施する意欲を示せば、FRBによる金利決定が、5月の安値に向けて金価格を押し下げる可能性がある。
ウクライナ戦争、FOMC、WTO会合により、米ドルの見通しは強気に
2022-06-14 06:30:00
ウクライナ戦争が続く中、今週のFOMCでの政策金利発表とWTO会合に先立ち、米ドルはG10通貨に対して上昇し続ける可能性があります。
日銀の動向が注目される中、日本円は米ドルに対して安定的に推移。米ドル/円はピークを迎えたか?
2022-06-14 02:00:00
為替市場では3月以来、円安基調が続いているが、日銀の会合を前に岐路にあるように見える。円安ドル高の勢いは再び戻るのか?
為替週間予測 – トップ5 のイベント: 米FRBによる金利決定、オーストラリアの雇用統計、英BOEによる金利決定、日銀による金利決定、ユーロ圏のインフレ率
2022-06-13 18:30:00
週の後半は重要なイベントリスクが満載
ユーロはECB(欧州中央銀行)の金利発表後に下落し、米国のインフレデータがユーロ/米ドルの主要なリスクに。期待できる要素は?
2022-06-09 17:30:00
ECBの政策金利発表がタカ派を失望させて、ラガルド総裁が政策対応に最大限の柔軟性と選択性を求めると、ユーロ/米ドルは木曜日に下落しました。
S&P 500、NASDAQ100の見通し: トレンド形成がなく、株価はレンジ相場で足踏み状態
2022-06-08 15:30:00
株価は今年に入って、非常に高いレベルのボラティリティを示してきましたが、FOMC(米連邦公開市場委員会)の金利決定を1週間後に控えて、S&P 500とNASDAQはどちらもレンジ相場を形成しています。
S&P 500は主要なCPI(消費者物価指数)データ、ウクライナ戦争、世界銀行によるレポートに注目
2022-06-07 06:30:00
S&P 500指数は米国と中国のCPIデータの発表に注目すべきであり、OECD(経済協力開発機構)と世界銀行による最新の経済見通しも重要です。
広告

経済指標カレンダー

10:00:00
工業生産(前月比) (4月)
結果:
予想:
前回: 修正: 0.8%
10:00:00
鉱工業生産(前年比) (4月)
結果:
予想:
前回: 修正: 12.8%
23:50:00
日本銀行金融政策決定会合における主な意見 ()
結果:
予想:
前回: 修正:
00:00:00
ECB中央銀行フォーラム ()
結果:
予想:
前回: 修正:
00:00:00
主要7カ国(G7)首脳会議 ()
結果:
予想:
前回: 修正:
01:30:00
工業利益(年初来)前年比 (5月)
結果:
予想:
前回: 修正: 3.5%