メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
詳細 もっと見る
ドル相場のテクニカル分析見通し:モメンタム低下は下げ渋りの兆候か?

ドル相場のテクニカル分析見通し:モメンタム低下は下げ渋りの兆候か?

Manish Jaradi, ストラテジスト
このページの内容

ドル、円、ドル/円 - テクニカル分析見通し

  • ドルの下降トレンドは継続
  • しかし、ドル下落の勢いは弱まっているように見える
  • 主要通貨ペアの見通しと注目すべき手掛かり材料とは?
FXニューストレーディング上級者ガイド
FXニューストレーディング上級者ガイド
推薦者: Manish Jaradi
FXニューストレーディング上級者ガイド
ガイドを入手

ドル、米ドル指数のテクニカル分析見通し - 中立

幅広い通貨に対するドル安基調は依然として続いているが、多くの通貨で重要なサポートエリアに接近しているため、ドルは下げ渋り、あるいは下げが一服する可能性がある。

週足チャートを含む比較的長期の時間軸チャートでMACD(移動平均収束拡散手法、通称マックディー)を見ると、米ドル指数はモメンタム下降の状態が続いている。MACDはトレンドとモメンタムを示すテクニカル指標である。モメンタムの低下は、米ドル指数が2022年6月の安値101.30近辺に位置する89週移動平均線(WMA)を含めた、かなり強いサポート領域に接近している時点で起きている。週足チャートが示すように、89週移動平均線は2019年と2020年に何度か下値を支えており、この水準で下げの一服やもみ合いとなってもおかしくない。ただし、この下げ一服がトレンドの方向性を決めるきっかけとなるには、当面のレジスタンスである先週の高値105.60を上抜ける必要がある。それまでは、ドルの見通しは下向きのままと見ている。

米ドル指数 週足チャート

資料:TradingView

ユーロ/ドルのテクニカル分析見通し - 中立

ユーロ/ドルは、先週12日に9カ月ぶりの高値を付け、短期上昇トレンドが反転しそうな気配はない。しかしながら、日足チャートでは弱気のダイバージェンス(価格は上昇、14日RSI=相対力指数は低下)が示現しており、価格上昇の勢いが衰えてきていることを示している。このダイバージェンスは、ユーロ/ドルが2022年5月の高値1.0786の強力なレジスタンスに直面する場面で発生しており、ドルの下げ一服または小幅反発の可能性を高めている。

ユーロが下落した場合、先週の安値1.0482が当面のサポートとなりそうだ。1.0482を割り込む場合のみ、上昇圧力が弱まったことが確認され、ユーロは200日移動平均線(現在1.0390)に向かって下落する可能性がある。

ユーロ/ドル 日足チャート

資料:TradingView

ドル/円のテクニカル分析見通し - 中立

ドル/円は、先週12日に6カ月半ぶりの安値まで下落したことで、下落モメンタムが今のところ維持されていることが確認されている。しかし目先は、下落が一服する確率が高まっている。というのも、全体的なトレンドは依然として下向きだが、ドルが下落していたここ数週間、モメンタムは鈍化していたからだ。つまり、価格の安値更新はモメンタムの安値更新を伴っておらず、価格下落の勢いを失っていることを示唆している(日足チャート参照)。これは、ドル/円が2022年5月の安値126.30を含む、かなり強力なサポートエリアに近づいている中で発生しており、価格の下げが一服する可能性をさらに高めている。

ドル/円 日足チャート

資料:TradingView

英ポンド/ドルのテクニカル分析見通し – 中立

ここ数週間、英ポンド/ドルは、2022年8月の高値1.2295と200日移動平均線が重なる天井を上回って上昇できず、上値の重い展開となっている。プラスの方向性指数(DMI)とマイナスのDMIが25を下回っていることを考えると、短期的にレンジ内での取引が今後も続く可能性がある。レンジの上限は2022年12月高値1.2445、レンジの下限は先週の安値1.1840と見られる。

英ポンド/ドル 日足チャート

資料:TradingView

豪ドル/米ドル テクニカル分析見通し - 中立

豪ドル/米ドルは、2022年8月の高値0.7135付近の89週移動平均線(WMA)という強力なレジスタンスに接近している。14週RSI(相対力指数)は、直近レンジの上限近くに位置し、直近の価格上昇を抑制する形となっていた。同じような事例は以前にもあった。過去の高値および89週移動平均線を含むレジスタンスに接近し、かつRSIは60%だった2022年4月、豪ドル/米ドルは下落に転じた。これは、現在の豪ドル/米ドルの反転が迫っていることを必ずしも意味するものではないが、リスクリワードの観点からは、中立の維持が賢明かもしれない。

豪ドル/米ドル 週足チャート

資料:TradingView

成功しているトレーダーの特長
成功しているトレーダーの特長
推薦者: Manish Jaradi
成功しているトレーダーの特長
ガイドを入手

--- DailyFX.com ストラテジスト マニッシュ・ジャラディ著

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。