本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
FXテクニカル分析:ユーロ円

FXテクニカル分析:ユーロ円

Junichi Ishikawa, IG証券マーケットアナリスト

ユーロ円のテクニカル分析

・136.70の突破とアセンディングトライアングルの形成

5月12日に132.66レベルまで下落して以降、ユーロEURJPY)は緩やかな上昇のトレンドにある。しかし、このトレンドが続くかどうかは、強固なレジスタンスポイントとして意識されている136.70レベルの攻防次第と予想する。

ユーロ円がこのレベルを完全に突破する場合は、単にレジスタンスポイントを突破したというだけでなく、テクニカルの面でさらなる上昇のシグナルとなる「アセンディングトライアングル」を形成したことにもなる。このチャートパターンが確認される場合、ユーロ円の地合いの強さを市場参加者に印象付けよう。ゆえに、もう一段の上値トライが予想される。

実際にユーロ円が136.70以上の攻防へシフトする(アセンディングトライアングルのチャートパターンとなる)場合は、4月28日から5月10日にかけて相場の戻りを抑制した138.00レベルのトライが次の焦点として浮上しよう。テクニカル面ではフィボナッチ・リトレースメント76.4%の水準(138.271)のトライ&ブレイクに注目したい。

ユーロ円のチャート

TradingVeiw 4時間足(先月25日以降)

EUR/JPY 混合
データ提供:
の顧客はネットロングです。 の顧客はネットショートです。
変動 ロング ショート 建玉
日次 23% 8% 13%
週次 -18% 27% 8%
クライアントセンチメント:ユーロ円
ガイドを入手

・下値の焦点は50日線の攻防

一方、ユーロ円(EURJPY)が136.70レベルで何度も上値が止められる場合は、反落リスクを意識したい。このケースでの焦点は、50日移動平均線(EMA)の維持である。5月20日以降、50日線はサポートラインとして意識されている。上のチャート(4時間足チャート)の短期サポートラインラインを下方ブレイクする場合は、50日線をトライするシグナルとして想定しておきたい。

ユーロ円が下落しても50日線を維持する場合は、136.70トライの状況が続くだろう。逆に50日線を下抜ける場合は、今年3月の安値124.394を基点とした短期サポートラインをトライする展開を予想する。50日線に加えてこのラインをも下抜ける展開となればユーロ円のトレンド転換シグナルと考え、132円台を視野に下落幅が拡大する展開を警戒したい。

ユーロ円のチャート

TradingVeiw 日足(今年2月中旬以降)

テクニカル分析入門

サポートとレジスタンス

推薦者: Junichi Ishikawa

コースを始める

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。