メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
強気
最終更新: Dec 2, 2022
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
ユーロ円 目先の焦点と注目のチャートポイント

ユーロ円 目先の焦点と注目のチャートポイント

Junichi Ishikawa, IG証券マーケットアナリスト

ユーロ円 目先の焦点と注目のチャートポイント

【サマリー】

  • ユーロドルは短期レジスタンスラインの突破に失敗し再び下落基調へ
  • ユーロ円ユーロドルの動きに追随し 144円のブレイクに失敗
  • 89日線をブレイクする場合はユーロ円の下落幅拡大を警戒
  • 注目しておきたいチャートポイントについて
ユーロ相場見通し
ユーロ相場見通し
推薦者: Junichi Ishikawa
ユーロ相場の予想を無料で入手!
ガイドを入手

・短期レジスタンスラインの突破に失敗したユーロドル

9月28日に英中銀(BoE)は、臨時の国債購入を発表し実施した。BoEの動きを受け外為市場ではポンド買いの圧力が高まった。

ポンド買いに連動しユーロの買い戻し圧力も高まり、ユーロドル(EURUSD)はパリティ水準(1.0)手前まで急反発した。

しかし、2日連続で短期レジスタンスラインの突破に失敗すると、一転して「ユーロ安/米ドル高」の展開となり、0.9860レベルはサポートポイントへの転換に失敗している。

ユーロドルのチャート

Trading View 日足(今年6月以降)

EUR/USD 強気
データ提供:
の顧客はネットロングです。 の顧客はネットショートです。
変動 ロング ショート 建玉
日次 -7% 12% 4%
週次 -15% 0% -7%
IGクライアントセンチメント:ユーロドル
ガイドを入手

・ユーロドルに追随するユーロ円 144.00レベルが強烈なレジタンスに

そしてユーロ円(EURJPY)は、ドル円USDJPY)ではなく、ユーロドルのトレンドに追随する展開となっている。

10月4日の分析レポートでユーロ円を取り上げた際、上昇幅が拡大しても144.00レベルで反落するリスクがあることを指摘した。

この予測どおり、ユーロ円は今月4~5日に144.00レベルで上値が止められ反落。そして、現在は142円を下方ブレイクする局面が見られる。

今年の6月以降、144.00レベルは強烈なレジタンスポイントとして意識されている。

9月26日以降に発生した反発相場でも、あらためて144.00レベルでの売りの強さが確認できた。

ゆえに、「さえない米経済指標→米金利の低下→米ドル売り→ユーロドルの反発」に追随しユーロ円が再び上昇しても、144.00レベルで反落する展開を意識しておきたい。

ユーロ円のチャート

Trading View 日足(今年6月以降)

EUR/JPY 混合
データ提供:
の顧客はネットロングです。 の顧客はネットショートです。
変動 ロング ショート 建玉
日次 -9% -4% -6%
週次 -3% -19% -14%
IGクライアントセンチメント:ユーロ円
ガイドを入手

・9月の米雇用統計とユーロ円の展望

外為市場の参加者の関心は、日本時間21時30分に発表される9月の米雇用統計に集中している。

米雇用統計のデータ

米労働省とブルームバーグのデータより作成 / 月次(2021年以降)/ 平均時給は前年比

テクニカル分析入門

テクニカル分析チャートパターン

FXで勝つためにチャートパターンを学ぼう!

コースを始める

現在の米ドル相場は、米債市場にらみの状況にある。

その米債市場は経済指標にらみの状況にある。

ゆえに強い米雇用統計の内容が確認される場合は、「米金利の上昇→米ドル高」の展開が予想される。また、「米金利の上昇→米株安→米ドル高」の圧力も高まることが予想される。

よって、強い米雇用統計では「ユーロドルの下落幅が拡大→ユーロ円の下落幅も拡大」の展開が予想される。

このケースでの焦点は、節目の140.00付近で推移している89日線の維持である。すぐ上の140.36レベルは、直近高安のフィボナッチ・リトレースメント61.8%の水準にあたる(1時間足チャートを参照)。

ユーロ円が半値戻しの141.07レベルをあっさりと下方ブレイクする場合は、140円台の維持(89日MAの維持)が焦点として浮上するだろう。

ユーロ円が89日MAをも下方ブレイクする場合は、来週以降、短期サポートラインもしくは先月26日に相場の下落を止めたフィボナッチ・プロジェクション76.4%の水準137.32レベルを視野に下落幅が拡大する展開を想定しておきたい。

なお、短期サポートラインは来週、137.60レベルから138.00レベルの間で推移する。

ユーロ円のチャート

Trading View 日足(今年2月以降)

ユーロ円のチャート

Trading View 1時間足(9月26日以降)

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。