メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
原油 – 米国原油
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
ウォール街
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
GBP/USD
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
FXテクニカル分析:ユーロドル(EURUSD)

FXテクニカル分析:ユーロドル(EURUSD)

Junichi Ishikawa, IG証券マーケットアナリスト

FXテクニカル分析:ユーロドル(EURUSD)

・戻り売りを警戒する状況が続く

1.06レベルが強烈なレジスタンスポイントとして意識されているユーロドルEURUSD)だが、6月28日と29日の日足ローソク足は大陰線となった。

そして昨日(6月30日)は、1.04を一時下方ブレイクする局面が見られた(安値1.0382レベル)。

欧べ時間の米ドル安にサポートされ、昨日の日足ローソク足は長い下ヒゲ付きの陽線引けとなった。このローソク足の形状は、ユーロドルの短期的な反発シグナルとなり得る。しかし、実際にユーロドルが反発しても戻り売りを警戒する状況が続くと予想する。

そう考える理由は、今のユーロドルの地合いの弱さとなっている2つの土台にある。

ひとつめの土台は、ロシアーウクライナ紛争の長期化によるインフレの進行とそれらがユーロ圏経済へ及ぼす悪影響である。

もうひとつの土台は、米欧の金融引き締めペースの差である。

これらは短期間で一気に解消される要因ではない。よって、ユーロドルは調整の反発を繰り返しながらも、サポートポイントを探る状況が続くと予想する。

ユーロドルのチャート

TradingVeiw 1時間足(6月16日以降)

EUR/USD 混合
データ提供:
の顧客はネットロングです。 の顧客はネットショートです。
変動 ロング ショート 建玉
日次 -1% 5% 2%
週次 3% -5% 0%
IGクライアントセンチメント:ユーロドル
ガイドを入手

・1.0485、21日線そして短期レジスタンスライン

ユーロドルが反発基調を維持する場合、目先の焦点は1.0485レベルの突破となろう(上の1時間足チャートを参照)。昨日はこの水準付近で戻りが止められた。

6月22日以降、1.0485レベルはサポートポイントとして意識されてきた経緯がある。昨日の動向が「サポート→レジスタンス」の転換だとするならば、今日は反落を警戒したい。

一方、ユーロドルが1.0485レベルを完全に上方ブレイクする場合は、1.05台への攻防シフトを想定しておきたい。

1.05台の攻防でまず注目したいのが、21日移動平均線(SMA / EMA)のトライ&ブレイクである(下の日足チャートを参照)。これら移動平均線は今日現在、1.0540を挟んで推移している。

ユーロドルが21日線をもブレイクする場合は、短期レジスタンスラインのトライが焦点として浮上しよう。今日現在このラインは、1.0580レベルで推移している。

ユーロドルのチャート

TradingVeiw 日足(今年5月以降)

テクニカル分析入門

サポートとレジスタンス

サポートとレジスタンスについて学ぼう

コースを始める

・1.04ブレイク後の注目ポイントは?

一方、ユーロドルが反落する場合は、1.04の攻防が焦点となろう。この水準は、フィボナッチ・プロジェクション50.0%のレベルにあたり、昨日は一時的にせよ下方ブレイクする局面が見られた。

ユーロドルが完全に1.04台を下抜け1.03台の攻防へシフトする場合、最も注目すべきポイントは1.0350レベルの維持である。上の日足チャートを見ると、フィボナッチ・プロジェクション61.8%の水準が、ちょうど1.0350レベルにあたる。

また、この水準は5月13日と6月15日にサポートポイントとして意識された経緯がある(上の日足チャートを参照)。3度同じ状況(ユーロドルをサポートする状況)が確認される場合は、1.03ミドルが今後も重要なサポートポイントとして意識されるだろう。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。