本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
原油 – 米国原油
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
GBP/USD
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
原油とは何か?原油トレードの基礎知識と手法のヒントをプロが解説!

原油とは何か?原油トレードの基礎知識と手法のヒントをプロが解説!

DailyFX, Research

原油は世界の主要なエネルギー源であり、幅広く取引されている商品です。本記事では、原油の起源と歴史、価格に影響を与える主な要因、そしてトレードすべき主な理由を紹介します。

原油の主なポイント:

  • 原油とは何か?何に使われるのか?
  • 原油マーケットの主要プレーヤー
  • 原油価格に影響を与える要因

原油とは何か?何に使われるのか?

原油(石油)は自然界に存在する化石燃料で、現代においては世界の主要なエネルギー源になっています。原油は古代の有機物から作られており、さらに蒸留することでガソリン、ディーゼル、潤滑油などの燃料となり、それぞれが多くの産業分野で利用されています。

通常原油は、地下の貯留層から掘削によって採掘されます。2019年現在、原油の生産量が最も多い国は米国、ロシア、サウジアラビアです。

原油と他のエネルギー資源、資産との関係性、およびそれらのトレード方法については、主要なコモディティのページをご覧ください。

ブレントとWTI原油について

原油の成分は採掘場所によって異なりますが、世界の価格基準となっているのは2種類です。それは、アメリカのウエスト・テキサス・インターミディエイト(WTI)とイギリスのブレント原油です。双方ともに成分や採掘場所、価格などが異なっています。詳細および各資産のトレード方法についてはWTIとブレントの比較をご覧ください。

原油マーケットの主要プレーヤー

最初に1960年に設立された石油輸出国機構(OPEC)について説明します。この組織は、競争をおさえ、価格を利益のあるレベルに維持することを目的として加盟国に生産割当量を設定しています。OPECはクウェート、カタール、アラブ首長国連邦、さらにホルムズ海峡を支配するサウジアラビアの4ヶ国で構成されています。OPECは一般的に石油供給の大きな割合をコントロールしていますが、2019年現在においてはアメリカが世界最大の石油生産国になっています。

世界市場に石油を供給する機関は、エクソンモービル、BP、ロイヤル・ダッチ・シェルなどの国際石油企業(IOC)で構成されています。これらの企業は投資家が所有しており、投資家自身の利益獲得を目指して株主価値を高めることを目的としています。その一方で、サウジアラムコやガスプロムなどの国営石油会社(NOC)は、政府にすべてまたは過半数を所有されています。

世界の石油生産における主要プレーヤーとその役割については、原油に関する8つの意外な事実をご覧ください。

原油の歴史

今世紀における原油の歴史においては、OPECが世界の原油供給をほぼコントロールしていました。さらに需要に関しては米国が牽引していたので数多くの変化がありました。長年OPECが原油生産の采配をふるっていましたが、アジアの需要が急増したことで、2001年3月時点でブレント原油が25ドル、WTI原油が27ドルだった価格が、2008年6月には双方とも140ドルにまで値上がりするという価格バブルが起きました。

しかし、この10年間においては、技術の進歩と規制緩和により米国のシェールオイル生産量が増加し、OPECから米国へと勢力が移っていきました。2014年6月にはブレント原油が112ドル、WTI原油が105ドルであった価格は、2016年1月には双方とも36ドル以下にまで下落しました。この事態に対してOPECは、ロシアを含む複数の国と結託し、価格を安定させるための「生産割当」を実施しました。これにより、2018年4月には1バレルあたりの価格がブレント原油で70ドル、WTI原油で65ドルを超えるまでになりました。

下のチャートは、今世紀に入ってからの米国産原油価格における重要な転換点とその原因を示しています。

WTI原油(2000~2019)

原油価格の変動要因

原油価格は主に需要と供給に影響されます。この2つの要因は、供給停止やOPECの減産、季節性、消費パターンなどにより変動します。これらの変動要素における詳細な解説や、トレードの際に理解しておくべき重要事項、基礎知識については原油のトレード方法で説明しています。

米ドルと原油価格:トレード手法のヒント

米ドルと原油は歴史的に逆相関の関係にあります。伝統的に米ドルが弱くなると、ドル建ての原油は高くなります。米国は長い間、原油の純輸入国であり、原油価格の上昇にともなって海外にドル流出が増加するたびに、米国の貿易収支における赤字は増加しました。しかし現代においては、このパターンはあてはまらないと言われています。

その一方で、カナダドルと原油価格予測では関連性が高くなっています。例えば、2019年現在、カナダは1日あたり約300万バレルの石油および石油製品を米国に輸出しており、カナダドルに対しての膨大な需要が生み出されています。米国の需要が増加すれば多くの原油が必要となりますが、それは原油価格の上昇に結びつくことが多く、それに応じてUSD/CADの下落を意味する可能性があります。逆に、米国の需要が減少すれば原油価格も下落する可能性があり、結果としてCADの需要も減ることになるのです。

原油をトレードする理由

原油はダイナミックで変動が激しく、流動性の高いマーケットであり、世界で最もトレードされている商品です。ここでは、この資産に関するメリットを説明します。

  1. 原油はボラティリティが高いため、最新の原油価格ニュースに反応してトレードするタイプのスイングトレーダーやデイトレーダーに人気が高い資産となっています。リスクをともなうトレードではありますが、原油マーケットは純粋にチャンスであると考える人もいます。
  2. 流動性の高いマーケットで大量にトレードされる商品です。つまり、希望する価格かつ低い取引コストでポジションの保有や決済が可能です。
  3. ボラティリティによって資産が受ける影響を軽減する目的で、ヘッジ戦略の一部としてもトレードされています。
  4. コモディティ、株式、債券などの多様なポートフォリオの一部としてトレードすることができます。

原油トレードを始めるには

DailyFXでは原油トレードに関するガイドや、最新の原油価格およびその他の資産に関するニュースと分析記事を毎日提供しています。また、無料でダウンロードできる四半期ごとの原油予測では、十分な情報にもとづいた意思決定をおこなうための知識を得ることができるでしょう。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。