メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
混合
最終更新: Nov 29, 2022
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
GBP/USD
混合
最終更新: Nov 29, 2022
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
介入でドル円は弱気、世界的な利回り上昇で金も弱気 : 2022年第4四半期 プロおすすめの投資先

介入でドル円は弱気、世界的な利回り上昇で金も弱気 : 2022年第4四半期 プロおすすめの投資先

John Kicklighter, チーフストラテジスト
注目のトレード機会:2022年第4四半期
注目のトレード機会:2022年第4四半期
推薦者: John Kicklighter
絶好のトレード機会の予測を無料で入手
ガイドを入手

私はこの四半期、リスクトレンドがクロス円を席巻し、世界的なタカ派シフトに抵抗力のあるECBのような中央銀行でも降伏せざるを得ないと考え、ドルからの弱気シフトを警戒していた。センチメントは悪化し、欧州中央銀行はインフレ圧力に屈したが、グリーンバック(米ドル)は容赦なく上昇した。

米連邦準備制度理事会(FRB)は、一連の積極的な利上げで最大の中央銀行と歩調を合わせている。そのため、米ドルの年末のレートは他の主要国の通貨よりも高くなる可能性が高い。とはいえ、そのテンポにはいずれ注意しなければならないだろう。

さらに、ユーロ圏に蔓延している経済闘争は、米国にも波及する可能性が高い。私は確立されたトレンドの転換を探すのは好きではないが、テクニカル、ファンダメンタルズ、条件面の要因から見て、米ドル円は要注目である。

米ドル円のチャート(20週SMA、連続ローソク足、50週ROC)(週足)

Tradingviewでチャート作成:ジョン・キックライター

米ドル円に関しては、キャリートレードがすぐに釣り合うとは思わない。しかし、リスク回避の動きは当分続きそうであり、それにともなうポジションの決済がこのようなペアを引き下げる可能性がある。グローバル資本が最も流動性の高い金融商品を求めるような極端な状況では、ドルは米国債と金融マーケットに向かうことで利益を得ることができる。しかし、そのような極端な状況が発生しても、通常は一時的なものである。一方、日本の財務省は、円の流出を食い止めるための取り組みを明確にしている。テクニカル的な意味での転換を示すことで、より実践的な概観を得ることができるだろう。そのため、私は、米国債以外の通貨に分散したリスク回避を追求するマーケットとともに、140または137.50の下抜けを探すことになるだろう。しかし、介入やテクニカル、ファンダメンタルズによって相場の流れを止める必要はない。1998年8月のスイングハイ、147.67を注視してほしい。

米ドル円の60ヶ月SMA付きチャート(月足)

Tradingviewでチャート作成:ジョン・キックライター

ドルに関しては、ファンダメンタルズの風は十分にあり、リスク回避の動きが強まることで、第4四半期にかけて通貨がさらに上昇する可能性がある。そのため、私はユーロ、円、ポンドほどドル高が進行していない通貨を探している。ドルはどこで比較的バランスが取れていて、ファンダメンタルズの可能性が十分にあるのだろうか。それは、対金相場である。貴金属は、この四半期末に2年間のレンジ相場の底値を割り込んだ。しかも、世界の利回りの急上昇に大きく遅れをとっているため、見返りのない商品価値が損なわれるトレンドにある。1,700/1,725までの回復に対して、弱気トレンドが進行することを期待している。

金と200週SMAのチャート、米+独+英10年債利回りの反転(週足)

Tradingviewでチャート作成:ジョン・キックライター

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。