メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
ウォール街
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
GBP/USD
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
米ドル/SGドルのベストは終わったかもしれない|2023年第1四半期の注目のトレード機会

米ドル/SGドルのベストは終わったかもしれない|2023年第1四半期の注目のトレード機会

Manish Jaradi, ストラテジスト
注目のトレード機会:2023年第1四半期
注目のトレード機会:2023年第1四半期
推薦者: Manish Jaradi
絶好のトレード機会の予測を無料で入手
ガイドを入手

米ドル/SGドル テクニカル予測 - 弱気

シンガポールドルの対米ドル相場は数年来の安値圏を脱し、来年には上昇幅を拡大する可能性がある。まずは、非常に長期の四半期チャートから見ていこう。いくつか注目すべき点がある。2014年頃に上昇が始まって以来、米ドル/SGドルは89四半期移動平均線(89-QMA)の主要なレジスタンスラインの下で推移している。ドル高にもかかわらず、この通貨ペアは重要な価格帯(2009年3月の高値1.5580が重要)をクリアすることができなかった。

さらに、下位足のチャートではトレンドが顕著であったにもかかわらず、四半期チャートのMACDはここ数年、ゼロ付近を推移している。つまり、四半期チャートで見ると、米ドル/SGドルは上昇トレンドではなく、せいぜいレンジ相場であった(チャート参照)。要するに、2014年以降の上昇は、20年来の弱さの反転というよりは、修正的なものであったということだ。MACDは明確にゼロより上にあるとき、強気であることを示し、その逆もまた真である。

米ドル/SGドル 四半期チャート

TradingViewでチャート作成

月足チャートでも、同様のことが言える。9月の米ドル/SGドルは、2016年初頭からのボックス圏の上側(約1.4500)にある強固なレジスタンスラインをまたブレイクすることができなかった。ボックス圏の下側は、2015年からのサポートライン(1.3150付近)だ。9月の急上昇にともなう勢いの弱さは、このペアの今年の上昇がボックス圏内の動きに過ぎず、新たな上昇トレンドの始まりではないことを改めて示すものだった。

米ドル/SGドル 月足チャート

TradingViewでチャート作成

200日移動平均線の重要なクッションを下回る決定的な下落は、このペアがボックス圏の下側に向かっている可能性を示唆している。上値は11月下旬の高値1.3860で、200日移動平均線がサポートラインからレジスタンスラインに変わる部分とほぼ一致している。

トレードに役立つメール配信サービス

DailyFXからタイムリーで国内外のマーケット情報を受け取ることができます。

登録する

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。