メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
詳細 もっと見る
ランド高が売られ過ぎの南アフリカランドを押し上げる可能性あり : 注目のトレード機会 2022年第4四半期

ランド高が売られ過ぎの南アフリカランドを押し上げる可能性あり : 注目のトレード機会 2022年第4四半期

Warren Venketas, アナリスト
注目のトレード機会:2022年第4四半期
注目のトレード機会:2022年第4四半期
推薦者: Warren Venketas
絶好のトレード機会の予測を無料で入手
ガイドを入手

2022年はランドにとってジェットコースターのような年であり、新興国通貨は現在、米ドルに対して約9%の割合でトレードされている。新興国通貨は、超積極的な米連邦準備制度理事会(FRB)が他の中央銀行に追随を迫ったため、打撃を受けた。FRBのフォワードガイダンスは第4四半期に75bpsの追加利上げを示唆しているが、ほとんどの世界経済がそれに耐えることはできない。南アフリカの観点からは、現在の金利が新型コロナウイルス流行前の水準をわずかに下回っているため、SARBはまだ追加利上げが可能であり、ランドを魅力的にしているキャリートレードの魅力は維持されるはずである。金融マーケットはすでに将来のFRBの利上げを織り込み済みで、これ以上タカ派的な発言はないだろうから、ハト派的なサプライズの可能性が高く、その結果ランド高になるのだろう。

このトレードアイデアの下振れリスクは、世界的な景気後退懸念、ウクライナ情勢の悪化、南アフリカをここしばらく苦しめている地域経済問題である。南アフリカでは、汚職や、最近では深刻な停電が再発している。この停電は、消費者マインドの低下、海外からの投資の減少、日常的なビジネス活動の阻害という形で表れている。

ポジティブに考えれば、ロシアのウクライナ侵攻により欧州のエネルギーギャップが発生し、南アフリカの主要輸出品目である石炭が高騰している。このギャップを埋めるために、多くの国が南アフリカの石炭を利用している。ロイター通信によると、南アフリカの石炭輸出は戦後11倍になり、米ドルが支配的だったこの時期にランドが支持されるようになった。

中国はゼロコロナ政策を維持しており、需要破壊による南アフリカランドの上昇を制限しているが、この環境にわずかでも変化があれば、ランドは上昇する可能性がある。

現状ではランドのロングの見通しはほとんど信じられないかもしれないが、私は逆張りで見ている。なぜなら、ランドが直面する基本的な逆風はほとんどすでに織り込み済みだからである。したがって、わずかな刺激でもランドに有利な影響を与える可能性が高い。

米ドル/南アフリカランド 週足チャート

チャート作成:IG証券 ウォーレン・ベンケタス

テクニカル分析:米ドル/南アフリカランドは、2020年5月に見られた心理的なサポートゾーンである18.0000に接近している。私の見方は第4四半期に下落に偏っているが、南アフリカランドの運命が変わる前に18.0000とそれを超える可能性があることは確かである。年末までに米ドル/南アフリカランドは17.0000〜17.5000の範囲でトレードされる可能性がある。

200日SMA(チャートのグレー部分)との大幅な乖離は、やがて平均回帰が起こることを示唆しているが、RSIが示すようにまだ買われすぎの領域にはなく、短期的には上昇する余地がある。

主要なレジスタンスライン:

  • 19.0000
  • 18.0000

主要なサポートライン:

  • 17.5002
  • 17.0000

トレードに役立つメール配信サービス

DailyFXからタイムリーで国内外のマーケット情報を受け取ることができます。

登録する

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。