メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
原油 – 米国原油
混合
最終更新: May 30, 2023
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
混合
最終更新: May 30, 2023
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
もっと見る もっと見る
円相場プロの見通し:  米ドル/円は1998年の高値に向かう見通し

円相場プロの見通し: 米ドル/円は1998年の高値に向かう見通し

Thomas Westwater,
円相場見通し
円相場見通し
推薦者: Thomas Westwater
JPY見通しを無料で入手
ガイドを入手

1998年の高値147.65は、米ドル/円にとって主要な指標となる。これは6月下旬に付けた2002年の高値から8%未満だ。最近の上昇ペースを考慮すると、すぐに試される可能性がある。この水準を上抜けすれば、過去30年以上で最高値となる。1990年の高値160.16は、強気筋にとって次の重要な目標値となるだろう。

米ドル/円 月足チャート

TradingViewでチャート作成

RSI(相対力指数)をみると、米ドル/円の急上昇が価格を維持できる可能性は高いだろう。RSIは月足で過去最高まで上昇して2014年後半の水準を上回り、少なくとも現時点ではダイバージェンスが起きる可能性は無い。

ただし、MACDが依然として上昇しているにもかかわらず、2015年の水準に到達していないことには注目しなければならない。価格は高値を更新しているが指標は高値を更新しておらず、ダイバージェンスが起きており、弱気のサインを示している可能性がある。第3四半期に入り、価格が2002年の高値を超えて維持できない場合、第2四半期の急騰がそのまま急落になる可能性がある。その場合、200日単純移動平均線が弱気筋にとって重要になるだろう。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。