メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
ウォール街
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
NZドル/米ドルロング|2023年第1四半期の注目のトレード機会

NZドル/米ドルロング|2023年第1四半期の注目のトレード機会

Tammy Da Costa, アナリスト
注目のトレード機会:2023年第1四半期
注目のトレード機会:2023年第1四半期
推薦者: Tammy Da Costa
絶好のトレード機会の予測を無料で入手
ガイドを入手

金利上昇と成長率の鈍化を受け、安全通貨であるドルは主要通貨に対して上昇したが、第4四半期にはその勢いを失った。NZドル/米ドルは、10月上旬にドル高により0.551の安値まで下落した後、FRBの政策転換に対する期待から反発し、0.65を回復した。12月のFOMCで50ベーシスポイントのソフトな利上げが発表されたものの、パウエル議長のコメントでは、2023年の期間中は金利が高止まりする可能性が高いと示唆された。

このような言動が引き続き米ドル高を支えているが、次の四半期にはニュージーランドドルがこの点でアウトパフォームする可能性がある。

確率分布(米FRB)

確率分布(RBNZ)

両中央銀行とも制限的な金融引き締めを通じてインフレ抑制に努めているが、RBNZ(ニュージーランド準備銀行)はより積極的なペースで金融引き締めを継続すると予想される。ニュージーランド経済については、最近のGDP統計が堅調な成長を示しており、中央銀行がさらなる引き締めを継続する可能性があることを示唆している。

2023年第1四半期は、景気後退リスク、インフレ、中国の再開が経済全般の見通しを方向づけると思われる。NZドル/米ドルが0.65を超えることができれば、2009年から2011年の動きの中間点である0.687まで上昇する可能性がある。このレジスタンスゾーンをブレイクした場合、2022年4月の高値である0.703を再び試すだろう。

NZドル/米ドル 月足チャート

TradingViewでチャート作成:タミー・ダ・コスタ

しかし、週足チャートでは、次の四半期の動きに貢献する可能性のあるサポートとレジスタンスのゾーンがさらに強調されており、差し迫ったサポートは0.620で維持されている。NZドル/米ドルがこのゾーンを下回る場合、価格はさらに下落する可能性がある。

NZドル/米ドル 週足チャート

TradingViewでチャート作成:タミー・ダ・コスタ

米ドル相場見通し
米ドル相場見通し
推薦者: Tammy Da Costa
USD見通しを無料で入手
ガイドを入手

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。