メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

無料トレードガイド
購読する
Please try again
Select

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー・イベント

0

通知を受け取る

ライブウェビナーイベント
経済指標カレンダー・イベント

もっと見る もっと見る
カナダドルの見通し:カナダ雇用統計を受けて

カナダドルの見通し:カナダ雇用統計を受けて

Tetsuya Kimata, ストラテジスト

共有する:

このページの内容

カナダドルの見通し

  • 米国雇用統計はまちまちな一方、カナダ雇用統計は力強い内容
  • カナダドルは対円で下落、対米ドルの反応は限定的で、カナダドルの地合いの悪さを確認
  • 為替/外為/FX:カナダドルは中銀のハト派スタンスを受け、引き続きカナダドル安が進展する見込み
初心者のためのFXニューストレーディングガイド
初心者のためのFXニューストレーディングガイド
推薦者: Tetsuya Kimata
初心者のためのFXニューストレーディングガイド
ガイドを入手

カナダの雇用統計は力強い結果となるも、反応は限定的

10日金曜日は、米国、カナダにて雇用統計が発表された。米国では、非農業部門雇用者数は市場予想を上回ったものの、賃金の伸びが市場予想を下回ったことを受け、FRBによる利上げ観測が後退、米国債利回りは大きく低下した。また、米シリコンバレー銀行(SVB)の破綻を受け、金融機関に対する信用不安が高まり、金融株中心に米国株式市場は大幅下落した。投資家のリスク回避姿勢の高まりを受け、安全資産通貨である米ドルが上昇する局面があったものの、米金利の低下を受け、米ドルが幅広い通貨に対して下落した。

カナダでは、先週金融政策決定会合が開催され、主要先進国で初の利上げ停止が決定された。金融政策決定会合以降、初の重要指標となるカナダの雇用統計では、雇用者数変化(2.18万人)、失業率(5.0%)ともに市場予想と比べて良好な内容となり、カナダの雇用市場が底堅く推移していることを示す結果となった。

カナダ雇用統計

image1.png

チャート作成:Daily FX、資料:Bloomberg

加雇用統計は力強い内容であったもの、カナダドルは、対円で下落、対米ドルでも反応は限定的となり、カナダドルの地合いの弱さが確認された。米銀破綻に伴う信用不安に加え、今週の米国消費者物価指数の発表を控える中、カナダドル安基調の継続が予想される。

USD/CAD:米ドル高カナダドル安

米FRBと加中銀の金融政策の乖離も明確であり、過去1年の高値:1.398へ向けて米ドル高カナダドル安の進展を見込む。一方、中国経済の回復に伴い原油価格が上昇した場合、米国の利上げ観測が一段と後退した場合、またカナダ中銀が利上げ再開にスタンスを大きく変更した場合は、逆にカナダドル高が見込まれる。カナダドル高が進展する場合、2022年末から2023年1月初旬にかけてレジスタンスとなっていて、サポートラインへ転換した1.365近辺が下値の目途になりそう。

USD/CADの日足チャート

Chart  Description automatically generated

資料:Trading View

CAD/JPY:カナダドル安円高継続

20日移動平均線を割り込んでおり、カナダドル安円高トレンドが鮮明になっている。また、日銀の金融政策変更を巡る不確実性が台頭している中、日銀とカナダ中銀の金融政策スタンスの違いが、カナダドル日本円の上値を抑えよう。2023年1月中旬の95円半ばを超えると、2022年2月の90円近辺までサポートが見つからず、カナダドル安円高が一段と加速する展開が視野に入る。

CAD/JPYの日足チャート

Graphical user interface, chart, line chart  Description automatically generated

資料:Trading View

トレードに役立つメール配信サービス

DailyFXからタイムリーで国内外のマーケット情報を受け取ることができます。

登録する

--- DailyFX Japan著

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。