メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
詳細 もっと見る
ポンド円のチャート分析と取引戦略

ポンド円のチャート分析と取引戦略

Junichi Ishikawa, IG証券マーケットアナリスト

ポンド円のチャート分析と取引戦略

【サマリー】

  • 現在のポンド円は、ユーロ円ほどドル円の下落の影響を受けていない
  • ゆえに相場のモメンタムにも明確なトレンド(勢い)は見られない
  • ポンド円の買いを仕掛ける場合は、2つの移動平均線の水準を意識したい
  • ポンド円の売りを仕掛ける場合は、成行きと指値でエントリーの水準が違ってくる
英ポンド相場見通し
英ポンド相場見通し
推薦者: Junichi Ishikawa
ポンド相場の予想を無料で入手!
ガイドを入手

注目ポイント:ドル円の影響度合いが低いポンド円

今日のIG為替レポートでは、ユーロ円について取り上げた。

そこで指摘したことは、現在のユーロ円はドル円の下落の影響を受けていることである(詳細はこちらを参照)。

一方、ポンド円とドル円との間には、ユーロ円とドル円のような明確な相関関係が見られない。

この点について、ドル円のトレンドが上昇から低下へ転じた10月21日以降の相場と各通貨ペアの相関係数で確認すると、ドル円とユーロ円の相関係数は0.61とかなり高い(下チャートの赤枠)。

対照的にドル円とポンド円のそれは0.24であり、相対的にかなり低いことがわかる(下チャートの青枠)。

ドル円、ユーロ円、ポンド円の相関係数

基準日:10月20日 / データ数:27(対数差分)

USD/JPY 強気
データ提供:
の顧客はネットロングです。 の顧客はネットショートです。
変動 ロング ショート 建玉
日次 -4% 3% 0%
週次 -1% 5% 2%
IGクライアントセンチメント:ドル円
ガイドを入手

また、ドル円、ポンド円、ポンドドルの相関関係との比較でも、対ドル円の0.24に対して対ポンドドルのそれは0.46となっており、やはりドル円の影響度合いの低さがわかる。

これらの相関分析から、現在のポンド円はユーロ円ほどドル円の下落の影響を受けない状況にあると言える。

ドル円、ポンド円、ポンドドルの相関関係

基準日:10月20日 / データ数:27(対数差分)

GBP/USD 強気
データ提供:
の顧客はネットロングです。 の顧客はネットショートです。
変動 ロング ショート 建玉
日次 -5% 6% 1%
週次 0% 1% 1%
IGクライアントセンチメント:ポンドドル
ガイドを入手

売買のポイント:ポンド円のロング(ポンド買い/円売り)のケース

ドル円の影響度合いが低いということは、余程のポンド売り要因が発生しない限り、目先のポンド円はユーロ円のように下落幅が拡大する可能性が低いということである。

この点は、ゼロラインを挟んで横ばい推移となっているモメンタム(12日間)も示唆している(下チャートの青ボックス)。

よって、ポンド円の買いを仕掛ける場合は、直近で相場が反転したポイントを意識したい。

現在、そのポイントは2つある。

ひとつは、21日線(MA)が推移している水準である。この移動平均線は今日現在、167.36レベルで推移している。

もうひとつは、10日線(MA)が推移している水準である。この移動平均線は今日現在、166.93レベルで推移している。

これら2つの移動平均線での反転を確認してから、成行きでポンド円のロング(ポンド買い/円売り)を狙いたい。

または、これら移動平均線の水準で指値買いを考えたい。

ポンド円のチャート

チャート:Trading View 15分足(11月2日~)

※移動平均線の水準:記事をアップした時点での水準(相場の変動により変化している可能性あり)

GBP/JPY 混合
データ提供:
の顧客はネットロングです。 の顧客はネットショートです。
変動 ロング ショート 建玉
日次 -1% 0% -1%
週次 13% 7% 9%
IGクライアントセンチメント:ポンド円
ガイドを入手

売買のポイント:ポンド円のショート(ポンド売り/円買い)のケース

一方、ポンド円のショート(ポンド売り/円買い)を考える場合は、成行きと指値でエントリーの水準が違ってくる。

成行きでポンド円のショートを狙う場合は、上で述べた2つの移動平均線うち10日線の下方ブレイクおよびこのMAのレジスタンス転換を確認したい。

この2つが確認された時点で、ポンド円のショートを考えたい。

一方、指値でポンド円のショートを狙う場合は、レジスタンスポイントとして意識されている169.00レベルを意識したい。11月の反発局面では、このレベルで相場の戻りが何度か止められている。

ポンド円のチャート

チャート:Trading View 日足(今年9月以降)

テクニカル分析入門

テクニカル分析について

FXで勝つためにテクニカル分析を学ぼう!

コースを始める

ポンド円が169.00手前で反落する可能性も考えておく必要がある。

そのレジスタンスポイントとして注目したいのが、直近高安の61.8%戻し168.31レベルである(168.30台)。今週の23日以降、この水準で相場の戻りが止められる局面が見られる。よって、168.30台の突破に失敗し続ける局面が確認される場合は、成行きまたは指値売りを仕掛けることを考えたい。

一方、ポンド円がこの水準の突破に成功する場合は、変則的ながらも逆ヘッド・アンド・ショルダーの完成、つまり169.00をトライするシグナルと想定しておきたい。

ポンド円のチャート

チャート:Trading View 15分足(23日~)

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。