メイン コンテンツへスキップ
無料トレードガイド
購読する
Please try again
Select

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー・イベント

0

通知を受け取る

ライブウェビナーイベント
経済指標カレンダー・イベント

もっと見る もっと見る
米ドル:今週の見通し- 堅調な米雇用統計が支えに、欧州中銀は75bp利上げへ

米ドル:今週の見通し- 堅調な米雇用統計が支えに、欧州中銀は75bp利上げへ

共有する:

このページの内容

米ドル - トーキングポイント

  • 米ISM非製造業購買担当者景気指数(PMI)に注目
  • 欧州中銀の政策や発言が短期的に米ドルを下押す可能性がある
  • 米ドル指数の日足チャートで弱気ダイバージェンスが示現
広告

米ドル ファンダメンタルズ分析見通し:強気

先週の米ドルはユーロの上昇を背景に軟調な滑り出しとなった。米ドル指数の主要構成通貨であるユーロは、欧州中央銀行(ECB)がタカ派的な姿勢を強めたことを背景に買われた。その後、米国ではISM製造業購買担当者景気指数(PMI)および非農業部門雇用者数(NFP)が予想を上回る結果となり、週末を前に米ドルは小幅ながらプラス圏で引けた。

今週発表予定の経済指標(下記参照)は比較的重要度が低いが、その中で注目されるのはISM非製造業購買担当者景気指数だろう。米国経済はサービス業が中心であり、サービス部門のISMの発表前後で相場は多少ボラティリティが上昇するはずだ。さらに、米連邦準備制度理事会(FRB)が経済指標を重視するようになった昨今、経済指標の発表はより大きな意味を持っている。

経済指標カレンダー

資料:DailyFX economic calendar

FXニューストレーディング上級者ガイド
FXニューストレーディング上級者ガイド
推薦者: Warren Venketas
FXニューストレーディング上級者ガイド
ガイドを入手

全体的に見て、米国経済は、特に欧州地域と比べると比較的堅調に推移しているようだ。つまり、積極的な利上げが米国に与える悪影響は、欧州ほどひどくはなさそうに見える。多くの市場アナリストは、8日に迫る欧州中央銀行(ECB)理事会でECBは、75ベーシスポイント(bp)の利上げを実施すると予想しているが、冬が間近に迫っており、中期的にはFRBがECBより先に積極的なタカ派姿勢を弱めることになるだろう。下の表からわかるように、金融市場はFRBの69bpの利上げを予想しており、9月後半の米連邦公開市場委員会(FOMC)で75bpの利上げが実施されるとの予想と解釈できる。目先では、8日のECB理事会で、特に積極的な引き締め政策が示されれば、ユーロが上昇する可能性があるが、その上昇は短期的なものだと筆者は考えている。

FOMCでの利上げ確率

資料:Refinitiv

テクニカル分析

米ドル指数 日足チャート

資料作成:Warren Venketas, IG

米ドル指数(DXY)の日足チャートでは、フィボナッチ76.4%(2001年7月高値から2008年3月安値で構成)の水準109.37を維持していることがわかる。RSI(相対力指数)は、弱気ダイバージェンスを示しており、米ドルの反落が迫っていることを示唆している。8日のECB理事会でタカ派的な金融政策が決定されれば、その決定は米ドル反落を示すRSIの動きと歩調を合わせることになるが、長期的には、永続的な米ドルの上昇トレンドは継続すると見ている。

レジスタンス水準

  • 111.00
  • 110.00
  • 109.37

サポート水準

  • 108.00/20日 EMA(紫)

トレードに役立つメール配信サービス

DailyFXからタイムリーで国内外のマーケット情報を受け取ることができます。

登録する

ヴェンケタス氏に連絡するには、Twitterで @WVenketas までお願いいたします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。