メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
原油 – 米国原油
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
ウォール街
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
GBP/USD
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
米GDP発表前のFRBの利上げ姿勢の変化で、米ドルは下落。米ドルは回復なるか?

米GDP発表前のFRBの利上げ姿勢の変化で、米ドルは下落。米ドルは回復なるか?

Daniel McCarthy, ストラテジスト

米ドル、ユーロ/米ドル、英ポンド/米ドル、米ドル/円、原油 - トーキングポイント

  • 米国時間27日の米ドルはFRB議長の発言から今後、利上げ幅は小さくなってくるとの見方が広がったことを受け、下落した
  • 米国株の大幅上昇にもかかわらず、アジア太平洋市場の株式は底堅い推移にとどまった
  • 米国時間28日は米GDPの発表に注視。予想を上回る数値となれば、米ドルは上昇トレンドを再開するだろうか?

トレードに役立つメール配信サービス

DailyFXからタイムリーで国内外のマーケット情報を受け取ることができます。

登録する

市場が米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ予想を再調整したことが嫌気され、米ドルは下落した。27日のニューヨーク外国為替市場では、予想通りだったFRBによる75ベーシスポイント(bp)の利上げを受け、ユーロ英ポンドは米ドルに対する上昇幅が最大だった。円は28日のアジア市場で、対米ドルでの上げ幅が最大となった。

ジェローム・パウエルFRB議長は金融政策決定後の発言で、少なくとも現時点ではSEP(FOMCメンバーの見通し)は前回(6月)と同様の見通しが有効との見解を示した。米国経済は現在、景気後退に陥っておらず、今後の利上げについては経済指標の動向に左右されると述べた。

パウエル議長は次回以降の75bpの引き上げ実施を否定しなかったが、FRBは今後、金利政策の動きに関するフォワードガイダンスを行わないとした。

利上げペースが鈍化するとの見方から、27日の米国市場で10年債利回りは低下し、それより限月の短い2年債などは数ベーシスポイント上昇した。ダウ平均株価は1.37%高、S&P500は2.62%高、ナスダックは4.06%高となり、米国株は大きく上昇した。株式先物は現在、やや下げている。

28日のアジア太平洋市場の株式指数は、前日比1%弱低い水準で推移している香港のハンセン株価指数の例外を除き、わずかに上昇している。予想通り、香港金融管理局(HKMA)は本日、FRBの利上げと歩調を合わせ、75bpの利上げを実施した。

27日のニューヨーク・マーカンタイル取引所で原油相場は、ドルの軟化と在庫の減少に後押しされて上昇した。米エネルギー情報局(EIA)は同日、米戦略石油備蓄の原油在庫が450万バレル減少したと発表した。これは予想を上回る減少幅で、戦略石油備蓄は4億2200万バレルまで減少した。

28日のアジア市場でコモディティは全体的に上昇している。特に鉄鉱石は好調で、一時は5%以上上昇した。金は1オンス=1,736米ドル近辺で取引されている。

27日にドイツの消費者物価指数が発表された後は、米国の国内総生産(GDP)成長率に焦点が移るだろう。市場は第2四半期の成長率を前期比年率0.5%の増加と予想している。第2四半期(3-6月期)のPCEデフレータも発表される予定で、市場は前期比4.4%の上昇を見込んでいる。これはFRBが注視している物価上昇の指標である。

経済指標カレンダー全体はこちらでご覧いただけます。

原油の取引方法
原油の取引方法
推薦者: Daniel McCarthy
原油の取引方法
ガイドを入手

米ドル (DXY) 指数 テクニカル分析

米国時間27日の米ドル指数(DXY)は下落したが、3週間ぶりの安値となる106.11は割り込まず、この水準が下値支持線となる可能性がある。その下の水準では、ブレイクポイントとなる105.59がサポートとなりそうである。

10日単純移動平均線(SMA)は、21日SMAを下回って下降しそうに見受けられる。もしそうなれば、これはデッドクロスの発生となり、弱気なモメンタムが生じることを示唆しているかもしれない。

上値では、昨日の高値である107.43がレジスタンスとなる可能性がある。

資料:TradingView

--- DailyFX.com ストラテジスト ダニエル・マッカーシー著

マッカーシー氏に連絡するには、下のコメント欄を使用するか、Twitter で @DanMcCathyFX までお願いいたします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。