メイン コンテンツへスキップ
無料トレードガイド
購読する
Please try again
Select

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー・イベント

0

通知を受け取る

ライブウェビナーイベント
経済指標カレンダー・イベント

もっと見る もっと見る
トルコリラ円(TRY/JPY)見通し:トルコ中銀会合を経て

トルコリラ円(TRY/JPY)見通し:トルコ中銀会合を経て

木全哲也, ストラテジスト

共有する:

このページの内容

トルコで金融政策決定会合が開催された。8月に大幅利上げを実施した際、一時トルコリラ円は上昇したものの、その後トルコリラ安円高傾向が続いている。決定会合の結果、そしてトルコリラの対円での今後の見通しとは

サマリー

  • トルコ中銀の会合結果
  • 新総裁就任以降のトルコリラの動き
  • トルコリラ円の当面の見通し

米ドルの動きは、すべてのトレーダーが注目すべき、市場を動かす重要な要素です。第4四半期の米ドル相場の見通しを以下のバナー(無料)より、今すぐ入手してください。

米ドル相場見通し【無料】
米ドル相場見通し【無料】
推薦者: 木全哲也
米ドル相場見通し【無料】
ガイドを入手

トルコ中銀の会合結果

トルコ中央銀行が金融政策決定会合を開催した。10月会合では事前の市場予想通り5%の利上げを実施した(30%⇒35%)。5会合連続の利上げである。しかしながら、インフレ率(9月は前年比61.5%)に比べ、政策金利の水準は依然として低い。年末までにインフレ率は更に上昇し、前年比70%近くに達する見通しである。利上げ幅が市場予想と同じであったことから、通貨トルコリラに対する影響は限定的であった。

 

金融政策決定会合後の声明文では、今後も必要に応じて段階的に利上げを継続していくスタンスを示し、急ピッチで大幅な利上げを実施することを示唆しなかった。トルコ中銀の金融政策スタンスは、前回の会合の結果から大きな変化は見られなかった。

A graph with red line  Description automatically generated

資料:Trading EconomicsよりDaily FXが作成。

 

新総裁就任以降のトルコリラの動き

トルコ中銀は、低金利政策を好むエルドアン大統領の意向で、インフレ率と比べて極端に低い政策金利政策が実施されてきたことから、トルコ中銀の信用が低下、通貨トルコリラは主要通貨に対して大幅に下落してきた。

 

エルカン中銀総裁の就任以降、利上げが続いているものの、段階的な利上げの実施にとどまっており、TRYの下落に歯止めが掛かっていない。

 

ただし、トルコリラ安のトレンド終了の鍵はトルコ中銀が握っている。インフレ抑制のための更なる積極的な利上げを継続して実施することで、トルコ中銀の信用が徐々に回復し、トルコリラの長期的な下落トレンドが反転する可能性があるが、テクニカル面も踏まえた当面の見通しとは。詳しく見てみたい。

米ドル/トルコリラ 日足チャート

A screen shot of a graph  Description automatically generated

資料:Trading ViewよりDaily FXが作成。

トレンド取引の方法を知りたいですか? 以下のバナー(無料)から今すぐダウンロードしてください!

トレンドトレーディングの基礎
トレンドトレーディングの基礎
推薦者: 木全哲也
トレンドトレーディングの基礎
ガイドを入手

 

トルコリラ/円の当面の見通し

利上げ幅が市場予想通りであったことから、金融政策決定会合がTRYJPYに与える影響は限定的であった。トルコリラ円の日足チャートで、20日指数移動平均線レジスタンスとして機能しており、上値の重い展開が続いている。RSIも売られ過ぎの水準を示す30に達しておらず、トルコリラ円の一段の下落余地がある。

 

テクニカル面での弱気シグナル、地理的に近い中東情勢の不透明感、そしてトルコ中銀が大幅な利上げを示唆しなかった中、引き続きトルコリラ円の上値が重い展開を見込む。トルコリラ円は8月24日安値5.247円への下落が視野に入る。

 

一方、トルコリラ円が上昇した局面では、20日指数移動平均線を上方ブレイクできるかに注目。20日指数移動平均線がレジスタンスとして引き続き機能した場合、トルコリラ円の上値が重いことを、改めて投資家に印象付けよう。

TRYJPY日足チャート

A screen shot of a graph  Description automatically generated

資料:Trading View

実行可能な取引アイデアをお探しですか? 洞察に満ちたヒントが多く掲載された第4四半期見通しガイド「注目のトレード機会」(無料)をダウンロードしてください!

2024年第2四半期 注目のトレード機会
2024年第2四半期 注目のトレード機会
推薦者: 木全哲也
2024年第2四半期 注目のトレード機会
ガイドを入手

新たなレポートの配信等はtwitterアカウント@DailyFXJapanで確認できます。

-- DailyFX.com ストラテジスト 木全哲也著

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。