メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
強気
最終更新: Dec 2, 2022
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
ユーロ/米ドル - もう一段の下落に備えよう : 注目のトレード機会 2022年第4四半期

ユーロ/米ドル - もう一段の下落に備えよう : 注目のトレード機会 2022年第4四半期

Nick Cawley, シニアストラテジスト
注目のトレード機会:2022年第4四半期
注目のトレード機会:2022年第4四半期
推薦者: Nick Cawley
絶好のトレード機会の予測を無料で入手
ガイドを入手

欧州中央銀行の次回の金融政策会合は10月27日まで行われず、その頃までにユーロ/米ドルはパリティを大幅に下回る可能性がある。

ECBはFRBの利上げサイクルから大きく遅れており、この相違が今後数週間、ユーロ/米ドルの重荷になりそうである。2つの経済は比較できないが、2つの類似点、特に成長の鈍化と高インフレがある。米連邦準備制度理事会(FRB)は3月から3%ポイント引き上げ、3.00%~3.25%とした一方、欧州中央銀行は7月から1.25ポイント引き上げ、政策金利は現在1.25%となっている。次回のECB理事会は10月27日までないため、この金利差は引き続きユーロ/米ドルの上昇を抑制する要因となる。

DailyFX 中央銀行カレンダー

ユーロ/米ドルの心理的な節目である「パリティ」は、最近まで売りを抑えていたが、現在でもこのペアは1.0000に引き戻されているように見える。さらなる高値を試すことが難しくなるにつれ、「パリティ」は重要なレジスタンスラインとなりつつあるようである。

【初心者OK】FXでの価格のキリ番(ダブルオー)を使ったトレード手法

ユーロ/米ドルのテクニカル的な見通しは、3本の単純移動平均線をすべて下回り、より低い高値とより低い安値を更新し続けており、これ以上楽観視できない状況である。

ユーロ/米ドル 日足チャート

ProReal Timeでチャート作成

長期的な月足チャートでは、ユーロ/米ドルは現在、2002年末に見られた最後の安値でトレードされている。これより下には、トレーダーが参考にするためのサポートラインはほとんどない。0.82310と0.85630の間の3つのスイングロー(安値切り下げ)の前に、0.9615付近に小さな安値のクラスターがあるが、それほど重要ではないかもしれない。今年8月に作成された20期間と50期間の移動平均線のクロスが、ネガティブな見通しをさらに強めている。

移動平均線の総合ガイド

ユーロ/米ドル 月足チャート

ProReal Timeでチャート作成

0.82台前半まで完全に戻す可能性は高くないかもしれないし、もしそうなったとしても今年の第4四半期ではないだろうが、その可能性は残っている。低迷するユーロを支えるものはほとんどなく、米ドルとユーロのレート差とパリティの強さの両方がレジスタンスラインとなり、ユーロ/米ドルの最も抵抗の少ない道は依然として下方にある。

トレードに役立つメール配信サービス

DailyFXからタイムリーで国内外のマーケット情報を受け取ることができます。

登録する

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。