メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
原油 – 米国原油
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
ウォール街
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
GBP/USD
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
S&P500、ナスダック100はグーグルとマイクロソフトの決算待ちで慎重ムード、FOMCと米GDPを注視

S&P500、ナスダック100はグーグルとマイクロソフトの決算待ちで慎重ムード、FOMCと米GDPを注視

Diego Colman, マーケットアナリスト

米国株見通し

  • S&P500は小幅高、Nasdaq100は続落
  • 米国時間26日はマイクロソフトとアルファベットの決算に注目
  • 米国時間27日は米FOMCの金融政策決定が焦点に

トレードに役立つメール配信サービス

DailyFXからタイムリーで国内外のマーケット情報を受け取ることができます。

登録する

25日の米国株はまちまち。大手ハイテク企業の決算発表や、米連邦公開市場委員会(FOMC)による金融政策決定会合(7月27日)、第2四半期国内総生産(GDP)成長率(7月28日)といった影響力の大きいイベントを控え、他に相場を動かす大きな材料に乏しい中、慎重なムードが漂った。

S&P500種株価指数は0.13%高の3,966で取引を終了した。原油および天然ガス価格の堅調な値動きを背景にエネルギー関連株が上昇を主導した。一方、ナスダック100指数は0.55%安の12,328と続落。米国債利回りの上昇と、エヌビディア、メタ・プラットフォームズ、アドビの株価急落が響いた。

今週の米株式市場については、ボラティリティを高める可能性のある、いくつかのイベントに注目する必要がある。26日は2つの大企業が決算を発表する。マイクロソフトとグーグルの親会社であるアルファベットである。両社の時価総額は合計で3兆ドルを超え、S&P500種指数とナスダック100指数の中で大きな比率を占めている。このことは、両社の株価パフォーマンスが、今後の米国株式相場の基調を決める可能性があることを意味している。

株式相場見通し
株式相場見通し
推薦者: Diego Colman
株式見通しを無料で入手
ガイドを入手

マイクロソフト(MSFT)については、アナリストは売上高528億7000万ドル、一株当たり利益(EPS)を2.28ドルと予想している。一方、アルファベット (GOOGL) は、売上高707億8000万ドル、EPS は1.28ドルと見られている。四半期ごとの業績は確かに重要だが、両社とも新規採用を減らしていることを考慮すると、急速な景気悪化に備えているかどうか、収益見通しに細心の注意を払うことが極めて重要である。

27日は、市場の関心はFOMCによる金融政策の決定に集まる。米連邦準備制度理事会(FRB)はインフレ抑制のための積極的な金融引き締め策を維持して75ベーシスポイント(bps)の大幅利上げを実施し、政策金利であるFF金利の誘導目標を2.25%-2.50%まで引き上げると予想されている。この動きは市場では完全に織り込み済みなため、パウエル議長の記者会見での発言に注目されたい。

コモディティ価格の最近の下落や、景気後退リスクの高まりから、米国の消費者物価は今後数カ月で低下すると予想されており、パウエル議長が新たにタカ派的な爆弾発言をするとは考えにくい。 このシナリオは、株式相場で多少好感されるかもしれないが、短期的には企業収益や経済活動が、リスク資産にとってはそれらがより重要であることを証明するかもしれない。

注目のトレード機会 :2022年第3四半期.
注目のトレード機会 :2022年第3四半期.
推薦者: Diego Colman
絶好のトレード機会の予測を無料で入手
ガイドを入手

ナスダック100 テクニカル分析

ナスダック100指数は先週初め、力強く上昇したが、12,600付近の上値レジスタンスを上抜けられず、上昇の勢いは弱まった。この水準から押し戻され始め、25日には続落となった。今後、売りが加速した場合、12,250が最初の下値サポートとなる。さらに下落した場合は、心理的水準である12,000に向かって下落する可能性があり、50日単純移動平均線も視野に入ってこよう。

一方、買い手が相場の主導権を取り戻し、強気トレンドに反転した場合は、最初の上値レジスタンスは12,600付近と見られる。この上値を突破した場合、13,000の水準を目指す動きとなる可能性がある。

ナスダック100 テクニカルチャート

資料:TradingView

トレーダーのための教育ツール

• まだ始めたばかりですか? FXトレーダーのためのビギナーズガイド beginners’ guide for FX tradersダウンロードしてください。

• IGのクライアントポジションデータは、市場のセンチメントに関する貴重な情報を提供します。この金融取引に役立つデータの使用方法に関する無料ガイドはこちらで入手できます。

--- DailyFX.com マーケット・ストラテジスト ディエゴ・コルマン著

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。