メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
リスクオフで米ドル日本円をショート、金利でユーロ米ドルをロング

リスクオフで米ドル日本円をショート、金利でユーロ米ドルをロング

John Kicklighter, チーフストラテジスト
注目のトレード機会 :2022年第3四半期.
注目のトレード機会 :2022年第3四半期.
推薦者: John Kicklighter
絶好のトレード機会の予測を無料で入手
ガイドを入手

今年も後半に入り、ファンダメンタルズには大きな変化が生じている。純粋なテクニカルアナリストを除き、すべての人がトレード機会に影響を与えることを認識している。高騰するインフレ、積極的な金利政策、景気後退への懸念が高まる中、通常の「夏枯れ相場」に代わって季節外れの変動が起こり、全般的にリスク回避の圧力が強まる可能性がある。2022年上半期を通じて、リスク回避は見慣れない光景だった。ダウS&P500は年初からほぼ過去最高値から下げ続け、「弱気相場」に突入した。しかし、このように多くのリスク指標が強い下降トレンドにあるにもかかわらず、米ドル円やクロス円は何とか上昇に転じた。

米ドル日本円の100日SMAと100日変化率のチャート(日足)

IGプラットフォームでチャート作成:ジョン・キックライター

この新しいサイクルで見られるリスク回避のユニークな側面の一つは、世界的な金融政策の急激な反転と同時に起きていることである。今年に至るまで、世界の中央銀行はほぼゼロ金利の金利政策と大規模な景気刺激策によって資金を供給してきた。このような大盤振る舞いが後退すると、センチメントは逆転するが、利回りの上昇により「キャリー」を回収する可能性も出てくる。欧米が積極的に金利を引き上げ、日銀が政策を固定化しようとしたため、リターンへの欲求が資本の自己保存の感覚を何とか打ち消した。しかし、それが今後も続くとは思えない。リスク回避の動きが強まれば、年末までの力強い利回り予想をもってしても為替変動の可能性を打ち消すことはできない。さらに、日本政府が円の動向を懸念する中、日銀が孤立したハト派的な政策を続けることはできないだろう。私は、132円や126円のような値を目安に、マーケットが転換するサインを探したいと思っている。

米ドル日本円の100ヶ月SMA付きチャート(月足)

IGプラットフォームでチャート作成:ジョン・キックライター

為替相場には、常に相対的な価値が存在し、資本の流れを決定づける。相対的な成長とリスク許容度はマーケットを動かす重要な基本テーマであるが、2022年上半期を通じて、為替相場の「メジャー」な主要なドライバーは金融政策と金利予測であった。注目すべきは、金利予測が比較的近い場合(例:米ドルカナダドル)、トレンドは比較的緩やかであったことである。一方、ECBが金利の引き締めを回避しようとする一方で、FRBがアクセルを踏み込んだため、ユーロ米ドルは上半期を通じて10%もの大幅な下落が見られた。この2つの主要経済圏の間には、4月から5月にかけてかなりの差があったが、ECBがこれ以上インフレとの戦いは避けられないと認識したため、6月に入り潮目が変わり始めた。

中央銀行金融政策の立ち位置と年末予想

チャート作成:ジョン・キックライター

2022年後半を展望すると、FRBは大幅な利上げを継続し、ECBはいかに引き締めを開始し、どの程度のペースで継続するかについて揺れる可能性が高い。ドルのプレミアムが年央の時点から大きく膨らむことはないだろう。金利差と成長軌道が比較的同じようなコースをたどるのであれば、ユーロ米ドルは約20年前から続く1.0635の下値を維持することを期待したい。トレンドが正常化すれば、1.2150/1.2000までの広いレンジに戻る動きもありそうだ。リスク回避の動きが強まるかどうかがポイントとなる。リスク回避の動きが強まれば、ドルの安全資産としての魅力が損なわれる可能性がある。

ユーロ米ドルと50週SMAのチャート(月足)

TradingView Chartsでチャート作成:ジョン・キックライター

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。