メイン コンテンツへスキップ
無料トレードガイド
購読する
Please try again
Select

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー・イベント

0

通知を受け取る

ライブウェビナーイベント
経済指標カレンダー・イベント

もっと見る もっと見る
欧州株見通し:米国株に遅れ取るも、中国・独の景気回復の兆しが反発の糸口に

欧州株見通し:米国株に遅れ取るも、中国・独の景気回復の兆しが反発の糸口に

DailyFX, Research
原著者
居林有里, 翻訳・編集主幹
翻訳者

共有する:

このページの内容

※2023年11月21日15時18分更新

ハイテク産業でリードする米国の株式に遅れを取っている欧州株だが、中国景気とドイツの経済指標はともに改善の兆しが見えており、反転の可能性が出てきた。

2024年第2四半期 注目のトレード機会
2024年第2四半期 注目のトレード機会
推薦者: DailyFX
2024年第2四半期 注目のトレード機会
ガイドを入手

厳しいグローバル環境の中、欧州株に買い戻し気運か

年末が近づくにつれ、欧州株式相場のパフォーマンスは今年も米国株式相場を下回る見通しとなってきた。このアンダーパフォーマンスの一因は主要なハイテク株の不在である。さらに、経済成長において米国の方が勝っていること、それに伴う株式リバランスが、欧州株の足を引っ張っている。

とはいえ、欧州株は今後数カ月間、米国株以上に中国の景気回復から恩恵を受ける可能性が出てきた。欧州経済は米国よりも中国経済とのつながりが深く、ここ数カ月、中国景気には改善の兆しが見えるからである。中国の景気回復を示す最初のシグナルの一つは、今週後半に発表予定の購買担当者景気指数(PMI)速報値やIfo企業景況感指数を含むドイツの企業調査データである。

ドイツHCOB PMI予想

発表:11月23日(木)19:30(オーストラリア東部標準時)

7月に38.8まで低下した独製造業PMI速報値は、その後3カ月連続で上昇している。11月の製造業PMI速報値は40.8から41.2に上昇すると予想されている。11月のPMI総合指数は前月の45.9から46.3に上昇するとみられている。

独Ifo企業景況感指数から予想されること

発表:11月24日(金)20:00(オーストラリア東部標準時)

10月の独Ifo企業景況感指数は前月の85.9から86.9に上昇した。11月は87.5と、5カ月ぶりの高水準まで上昇すると予想されており、ドイツの景気減速は最悪期を脱したことを示している。

ドイツ株価指数 (DAX) テクニカル分析

先週述べたように、ドイツ株価指数(DAX)の最近の下落はS&P500種株価指数と同様、逆トレンドまたは調整売りである可能性が高く、強気な見通しにつながっている。

DAXは先週、15,550に位置する下降トレンドラインのレジスタンス(7月の高値16,615)を上抜け、現在15,737にある200日移動平均線に接近したことで、10月下旬の安値14,666の水準で調整局面が完了した可能性が高まった。

ここから先は、15,700―15,500近辺で十分にサポートされると予想している。DAXが今後数週間に7月の高値16,615を再び試すことを期待する買い手によって押し目買いが入ると考えられるからだ。

DAX 日足チャート

資料:TradingView

テクニカル分析入門

サポートとレジスタンス

推薦者: DailyFX

コースを始める

FTSEテクニカル分析

先週のFTSEは上昇したが、その勢いは続いていない。7,200に位置する水平サポートは上回っているものの、7,650前後にある下降トレンドのレジスタンスライン(始点は2月の高値8,047)、7,605に位置する200日移動平均線を下回るレンジにとどまっている。

FTSEが7,605―7,650近辺のレジスタンスエリアを上回る水準を持続的に維持できれば、2月の高値8,047を再び試す展開となろう。これが実現するまでは、レンジ安値7,200を再び試す可能性を含め、さらにレンジ取引が続く公算が大きい。

FTSE 日足チャート

資料:TradingView

資料元はTradingview。記載の数値は2023年11月21日現在のものです。過去の実績は必ずしも将来の実績を保証するものではありません。本レポートには、金融商品に関するアドバイスや金融商品の推奨は含まれておらず、また含まれているとみなされるものでもありません。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。