メイン コンテンツへスキップ
無料トレードガイド
購読する
Please try again
Select

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー・イベント

0

通知を受け取る

ライブウェビナーイベント
経済指標カレンダー・イベント

もっと見る もっと見る
カナダドル見通し:原油高、ドル安の恩恵を受ける中、インフレ率が公表

カナダドル見通し:原油高、ドル安の恩恵を受ける中、インフレ率が公表

木全哲也, ストラテジスト

共有する:

このページの内容

カナダドル、CAD、米ドル/カナダドル、カナダドル/日本円、インフレ、金融政策―トーキングポイント

トップトレード戦略を振り返る
トップトレード戦略を振り返る
推薦者: 木全哲也
プロが語る!2023年のトレードから得た重要な教訓とは?
ガイドを入手

カナダインフレ率

カナダ中銀は12日の金融政策決定会合にて利上げを実施し、更なる利上げの可能性を残した。カナダ中銀の更なる利上げ観測に加え、米国のインフレ鈍化に伴いFRBの利上げ局面終了が近いとの見方が強まったことや、カナダの主要産品である原油価格が上昇していること等を背景にカナダドルが上昇している。

18日夜間にカナダでインフレ率が公表される。主要中銀の利上げ停止が視野に入りつつある中、インフレ高止まりが示された場合、カナダ中銀の一段の利上げが必要との見方が強まり、カナダドルのサポート要因になろう。

カナダインフレ率

A screenshot of a computer screen  Description automatically generated

資料:DailyFX.com経済指標カレンダー

米ドル/カナダドルの見通し:カナダドル高シグナル

日足チャートで、米ドル高カナダドル安トレンドへの転換を示唆する「陰の包み足」が示現して以降、サポートライン1.362レベルを下方ブレイク(米ドル安カナダドル高)し、カナダドル高トレンドが鮮明化している。テクニカル面での強気シグナルに加え、米FRBの利上げ終了が近く、カナダ中銀の利上げの可能性が残る中、18日夜間公表のインフレが市場予想を上ぶれた場合、7月14日安値1.30922レベル更新、年初来安値更新(カナダドル高)を見込む。

原油価格が下落した場合等の上値(米ドル高カナダドル安)は、レジスタンス転換した可能性がある1.362レベルが視野に入る。

USDCAD日足チャート

A screen shot of a graph  Description automatically generated
米ドル/カナダドル 強気
データ提供:
の顧客はネットロングです。 の顧客はネットショートです。
変動 ロング ショート 建玉
日次 0% 3% 2%
週次 -44% 52% 4%
プライスアクションとの関連性
ガイドを入手

資料:Trading View

カナダドル/日本円の見通し:カナダドル安を示唆

20日指数移動平均線を下抜け、MACDラインが上向きかつ、シグナルラインを下回っており、下落トレンド(カナダドル安円高)の勢いが衰えていない。9日指数移動平均線が20日指数移動平均線を下抜ける弱気の「デッドクロス」が成立している。RSIは弱気を示唆する50割れに転換し、テクニカル面ではカナダドル安トレンドを示している。

昨年10月から今年1月にかけてのCADJPYの値動きに基づいたフィボナッチリトレースメント61.8%水準104.346レベルでサポートされるかに注目。下方ブレイクした場合、50%水準の102.491が視野に入る。

一方、カナダのインフレ率が市場予想を上振れ、カナダ中銀の利上げ織り込みが一段と進展した場合、現在105.87レベルにある9日指数移動平均線上抜けをトライしよう。更に、上昇しフィボナッチ78.6%水準の106.986を上抜けると、カナダドル安トレンドが終了した可能性が高まる。

CADJPY日足チャート

A graph of stock market  Description automatically generated

資料:Trading View

トレードに役立つメール配信サービス

DailyFXからタイムリーで国内外のマーケット情報を受け取ることができます。

登録する

新たなレポートの配信等はtwitterアカウント@DailyFXJapanで確認できます。

--- DailyFX.com ストラテジスト 木全哲也著

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。