メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
弱気
最終更新: Nov 29, 2022
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
GBP/USD
混合
最終更新: Nov 29, 2022
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
円は地合いを維持、米インフレ指標でドルは急落。円高ドル安に向かうのか?

円は地合いを維持、米インフレ指標でドルは急落。円高ドル安に向かうのか?

Daniel McCarthy, ストラテジスト

円、ドル/円、ドル、米CPI、暗号資産、FTX、PPI、原油、金 – トーキングポイント

  • ドルの下落を受け、円は地合い固めが大きく進展
  • CPIの発表をきっかけに成長型資産に投資が向かい始め、株式相場は急騰
  • FRBが引き締め姿勢を緩めた場合、ドル/円は循環的な動きの中で高値を迎えたことになるのか?
円相場見通し
円相場見通し
推薦者: Daniel McCarthy
JPY見通しを無料で入手
ガイドを入手

10日のニューヨーク外国為替市場で円相場は対ドルで急伸。10月の米消費者物価指数(CPI)が予想を下回ったことを受けてリスクオンムードが広がり、ドルが全面安となったことが背景にある。きょう11日のアジア取引時間帯では、ドルは小幅に反発している。

10月の米CPIは前年同月比7.7%上昇と、予想(同7.9%上昇)、前月(同8.2%上昇)を共に下回り、コア指数の伸び率も同6.3%と、予想(同6.5%)、前月(6.6%)を共に下回る結果となった。

米国債利回りは低下し、長期金利の指標となる10年物国債利回りは4%を割り込み、一時は3.8%まで下がった。週明けには4.20%を超える水準で取引されていた。

米連邦準備制度理事会(FRB)が積極的な利上げをペースダウンするという期待は、複数のFRB高官の発言によって裏付けられているようだ。

パトリック・ハーカー氏、ロリー・ローガン氏、メアリー・デイリー氏、ロレッタ・メスター氏、エスター・ジョージ氏など、多くの米地区連銀総裁がそれぞれの意見を述べた。

全体的なメッセージは、今後は慎重なアプローチが適切と思われるが、金融情勢は当面、引き締まった状態を維持する必要があるというものだった。

北米の現物株市場では、ダウ工業株30種平均が前日比3.70%高、S&P 500種株価指数が5.54%高、ナスダック100指数が7.35%高と驚異的な上昇を見せた。先物市場は11日も堅調な寄り付きとなることを示している。

11日のアジア太平洋地域の株式もこの流れを引き継ぎ、香港のハンセン株価指数(HSI)が一時7%超の上昇となるなど、地域全体で堅調に推移している。

日本の生産者物価指数(PPI)は高止まりしており、きょう11日に発表された10月のPPIはまちまちの結果だった。10月の前月比では0.6%上昇と、前月(0.7%上昇)を下回った。前年同月比では9.1%上昇と、前月(9.7%上昇)は下回ったものの、予想(8.8%上昇)は上回った。この格差は、前月分が上方修正されたことによって説明できる。

暗号資産(仮想通貨)市場は、週明けのFTX暗号資産取引所の崩壊で激震が走ったにもかかわらず、リスクオンムードを背景に落ち着きを取り戻した。

10日のニューヨーク金先物相場はドル安を追い風に、1,760ドルに達した後、きょう11日のアジア取引時間帯の大半は1,750ドル近辺で推移している。

10日の原油先物相場は、他市場の動きを受けて伸び悩み、ウエスト・テキサス・インターミディエイト(WTI)原油先物は86.50ドルを上回る水準、ブレント原油先物は94ドルを目指す動きとなるなど、わずかな上昇にとどまった。

今後は、英国の国内総生産(GDP)、貿易収支、鉱工業生産に続き、米国ではミシガン大学による消費者信頼感指数が発表される。

経済指標全体のカレンダーはこちらでご確認ください。

USD/JPYのトレード方法
USD/JPYのトレード方法
推薦者: Daniel McCarthy
USD/JPYのトレード方法
ガイドを入手

ドル/円 テクニカル分析

10日のニューヨーク外国為替市場でドル/円は、上昇トレンドラインに向かって下落したが、下抜けることはなく、9月下旬の安値140.35も下回らなかった。これらの水準は引き続きサポートとなる可能性がある。

さらなる下降局面では、139.39のブレイクポイントが売り手にとって壁となるかもしれない。

価格は21日単純移動平均線(SMA)を基にしたボリンジャーバンドの下限を下回る水準まで下げ幅を拡大した。価格がバンド内に戻って終値を付ければ、戻りは一服となるか、あるいは反発となる可能性がある。

143.53、145.11、145.47のブレイクポイント、あるいは直近の高値148.85がレジスタンスとして機能しそうだ。

資料:TradingView

--- DailyFX.com ストラテジスト ダニエル・マッカーシー著

マッカーシー氏に連絡するには、Twitter で @DanMcCathyFX までお願いいたします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。