メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
混合
最終更新: Nov 28, 2022
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
金相場見通し:投機筋が手控える中、カナダ中銀の金利決定を注視

金相場見通し:投機筋が手控える中、カナダ中銀の金利決定を注視

Thomas Westwater, アナリスト

金、金/米ドル、金/カナダドル、カナダ中銀、米COT、投機筋 - トーキングポイント

  • 豪の第3四半期CPIが高い伸びを示したが、アジア太平洋地域の取引で金は横ばい
  • 金/カナダドルは、カナダ中銀が75ベーシスポイント(bp)の利上げ実施なら、一段安の可能性
  • 米CFTCの直近データによると、投機筋は金の取引を手控える動きを強めている
広告

金先物相場は、25日の米国市場で小幅反発した後、26日のアジア太平洋地域の取引では1,650ドル付近でほぼ横ばいとなっている。小幅な米ドル高や米国債利回りの上昇を背景に、売りも散見される。オーストラリアとニュージーランドでは国債の売りに伴い利回りが上昇しているため、金の価値を押し下げている。

オーストラリアの第3四半期の消費者物価指数(CPI)は、豪ドルにはほとんど影響を与えなかったが、債券トレーダーには売りを促したようだ。豪第3四半期CPIは前年同期比7.3%上昇と、第2四半期(同6.1%上昇)から伸びが加速し、来週のオーストラリア準備銀行(中央銀行)の金融政策決定会合に向け、豪中銀のタカ派的な姿勢が強まるのではとの思惑が広がった。豪金利先物市場では、豪中銀が政策金利であるキャッシュレートを25bp引き上げる確率を100%と示しているが、これは豪CPI発表前の確率よりも若干高まった程度である。

カナダ中銀は今夜(日本時間午後11時)、政策金利を決定する予定であり、市場では75bpの利上げが大方の見方である。オーバーナイト・インデックス・スワップ(OIS)市場では、75bpの利上げ実施の確率は75%となっている。利上げ幅が50bpと、ややハト派寄りとなれば、金先物相場にとっては追い風となる可能性が高い。カナダドルは10月1日以来、金相場に対して約2%上昇しているが、米ドルの上昇率は約0.5%にとどまっている。大方の予想通りカナダ中銀が75bpの利上げを実施すれば、10月の金/カナダドルは月間ベースで今年最低水準になるかもしれない。

先週21日に米商品先物取引委員会(CFTC)が発表したCOT(コミットメンツ・オブ・トレーダーズ)レポートによると、金の投機筋は強気派が減少した。10月18日に終わる1週間では、非商業部門(投機筋)の買い建て(ロング、オレンジ色の線)は7,051枚減少し、売り建て(ショート、青色の線)は14,974枚増加した。そのため、ネットロングのポジションは22,025枚減の69,000枚となり、2019年4月以来の低水準に近づいた。非商業部門の間では金取引を手控えるムードが強まっており、金相場にとっては良い兆候とは言えない。金の売却は、短期的には賢明な動きなのかもしれない。

金相場見通し
金相場見通し
推薦者: Thomas Westwater
金見通しを無料で入手
ガイドを入手

金および非商業部門ロング・ショートの推移 - 日足チャート

Gold chart, cot gold data

資料:TradingView

--- DailyFX.com アナリスト トーマス・ウェストウォーター著

ウェストウォーター氏に連絡するには、Twitter で @FxWestwater までお願いいたします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。