メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
原油 – 米国原油
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
ウォール街
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
GBP/USD
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
英ポンド/豪ドルは、オーストラリア準備銀行とBOEの金利経路が収束すると、損失解消の可能性も

英ポンド/豪ドルは、オーストラリア準備銀行とBOEの金利経路が収束すると、損失解消の可能性も

Thomas Westwater, アナリスト
注目のトレード機会 :2022年第3四半期.
注目のトレード機会 :2022年第3四半期.
推薦者: Thomas Westwater
絶好のトレード機会の予測を無料で入手
ガイドを入手

英ポンドは2022年の第1四半期を通じて大きな損失を被った。英ポンド/豪ドルは1月のピークから10%以上下落し、4月には数年来の安値を記録した。英ポンドは豪ドルに対して上昇を続ける位置にあるように見えた。オーストラリア準備銀行(RBA)が比較的ハト派的であったため、豪ドルはイングランド銀行に対してファンダメンタルズ的に脆弱な立場に置かれていた。

第2四半期を通じて、英ポンド/豪ドルは方向感を失い、代わりに1.7200と1.7800の間のレンジでほぼ取引されるようになった。6月上旬、オーストラリア準備銀行は予想を大幅に上回る50ベーシスポイント(bp)の利上げを実施し、現物金利を85bpとしてマーケットを驚かせた。オーストラリア準備銀行の引き締めの一部はすでに前倒しで実施されている。今後さらに利上げが予定されている一方で、利上げの背景となる分析が軟化している。これは、オーストラリア準備銀行の9月利上げに対する期待が減少していることで、同月の政策会議でのインプライド金利変化を織り込んだ下図に表れている。

一方、BOEの予想利上げ幅は5月まで上昇したが、オーストラリア準備銀行相当と並行して下降線をたどり始めている。それでも、オーストラリア準備銀行の政策が前倒しされたと仮定すると、オーストラリアの中央銀行の金利政策は、イングランド銀行に対して加速度的に緩和を続ける可能性があると考えるのが妥当である。これにより、英ポンドは対豪ドルで上昇するための適切な足場を得ることができるだろう。

さらに、欧米の対ロ制裁が欧州のエネルギーマーケット、特に天然ガスマーケットを苦しめ続けているため、欧州はこの冬にエネルギー危機の可能性があると見ている。イングランド銀行の政策担当者は、そうなる前に需要を抑えるためにできる限りのことをしたいと考えるかもしれない。中央銀行がエネルギー関連のコストシフトに対処するのは難しいが、消費者需要の減少はエネルギー需要に適度な影響を与える。全体として、英ポンド/豪ドルが第1四半期の損失をある程度解消するための舞台は整ったように見える。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。