メイン コンテンツへスキップ
無料トレードガイド
購読する
Please try again
Select

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー・イベント

0

通知を受け取る

ライブウェビナーイベント
経済指標カレンダー・イベント

もっと見る もっと見る
NYダウ、S&P 500見通し:下落の可能性、最近の個人トレーダーの買い持ち増加で

NYダウ、S&P 500見通し:下落の可能性、最近の個人トレーダーの買い持ち増加で

このページの内容

NYダウ、S&P 500、個人トレーダーのポジション状況、テクニカル分析 – IGCSによる株式市場アップデート

  • NYダウとS&P 500はレンジ相場にとどまっている
  • 個人トレーダーが買い持ちを増しているのは、弱気に傾く兆候?
  • このような兆候がある中、テクニカル面の動きはどうなっているのか?
米国株相場見通し【無料】
米国株相場見通し【無料】
推薦者: Daniel Dubrovsky
米国株相場見通し【無料】
ガイドを入手

ここ数週間、ダウ工業株30種平均とS&P 500種株価指数は、レンジ相場から抜け出せずにいる。ボラティリティが低下し続ける中、個人トレーダーは持ち高を調整し続けている。これは、IGクライアントセンチメント(IGCS)を見れば分かる。IGCSは時に逆張り指標として機能することがある。IGCSからは最近、弱気のシグナルが示されている。詳しく見てみたい。

NYダウのセンチメント見通し - 弱気

IGCSによると、ダウ平均を取引する個人トレーダーの約37%がネットロング(ダウ平均を買い持ち)にしている。ほとんどの持ち高はまだネットショートに傾いているため、価格は上昇し続ける可能性が示唆されている。しかし、昨日、先週のネットロングのポジションはそれぞれ31.24%、42.63%増加している。このことを考えると、価格はまもなく下降に転じる可能性がある。

NYダウのテクニカル分析

日足チャートでは、流れ星のローソク足パターンの余波が続いているうえ、上昇モメンタムが低下していることから、ダウ平均はやや下値を目指す展開となっている。上昇モメンタムの衰えは、ローソク足パターンが示現した際にRSI(相対力指数)で弱気のダイバージェンスになったことで示された。弱気の動きが今後さらに進む可能性があることを示している。当面のサポートは、フィボナッチ・リトレースメント23.6%の水準33,672である。これを割り込むと、38.2%の水準32,709が意識され、その後は31,640-32,017ゾーンが控えている。

資料:Trading View

S&P 500のセンチメント見通し - 弱気

IGCSによると、S&P 500種株価指数を取引する個人トレーダーの約36%がネットロング(S&P 500を買い持ち)にしている。ほとんどのポジションがネットショートに偏っているため、価格は上昇する可能性が示唆されている。一方、ネットロングのポジションは、昨日、先週に比べ、それぞれ15.11%、12.72%増加している。このような最近のポジションの変化は、価格がまもなく下降に転じる可能性を示唆している。

IGクライアントセンチメントをトレードに活用する方法
IGクライアントセンチメントをトレードに活用する方法
推薦者: Daniel Dubrovsky
IGクライアントセンチメントをトレードに活用する方法
ガイドを入手

S&P 500のテクニカル分析

S&P 500種指数は、アセンディングトライアングル(上昇型のトライアングル)が示現しているように見える。最近、価格はこのトライアングルのフロア(底辺)である3月から続く上昇トレンドラインから切り返した。一方、天井は1月に形成された4,208付近である。ブレイクアウトの方向性が、今後のトレンドを見極めるうえで鍵を握りそうだ。下降した場合、3月の安値3,839が意識される。一方、上昇に転じた場合は、61.8%の水準4,275を上回れるかどうかが焦点となる。

資料:Trading View

--- DailyFX.com シニアストラテジスト ダニエル・ドゥブロスキー著

ドゥブロスキー氏に連絡するには、Twitter で @ddubrovskyFX までお願いいたします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。