メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
詳細 もっと見る
原油相場見通し 2022年第4四半期 : テクニカル分析

原油相場見通し 2022年第4四半期 : テクニカル分析

Michael Boutros, ストラテジスト
原油相場見通し
原油相場見通し
推薦者: Michael Boutros
原油見通しを無料で入手
ガイドを入手

原油価格は第3四半期に25%という驚異的な急落を記録した。WTIは9月下旬に年初来安値に向かって下落している。テクニカル的なサポートが重なるゾーンを下回ると、今後数ヶ月の間にさらに下落する可能性があるだろう。最近の売り圧力が緩和される可能性のある重要な転換ゾーンへの接近にともない、筆者としては年末にかけて底打ちの可能性を探っている。

WTI原油(週足チャート)

image1.png

TradingViewでチャート作成:テクニカルストラテジスト マイケル・ブトロス

原油価格は、年初来高値から40%近く下落し、4ヶ月間の下落により、筆者が数ヶ月間追跡してきた重要なサポートゾーンである83.28-87.15を下回った。このゾーンは、2021年の週足終値の最高値、2013年の安値、年初来の下落の100%延長で定義されている。なお、このゾーンは2020年の上昇トレンドと2022年の下降トレンドのトレンドラインとも重なっており、この価格帯のテクニカル的な重要性をさらに際立たせている。

現在、最初のサポート目標は、2011年の安値 / 2022年の始値 / 2018年の高値の74.94-76.87にあり、より重要なピボットゾーンはすぐ下の65.92-66.57にある。両ゾーンとも、もし到達すれば底打ちの可能性があり注目される。現在の下降トレンドを崩すには、週足終値で52週移動平均線(現在値~93)を上抜けする必要があり、87.15がレジスタンスラインとなる。

結論:原油価格は下落が続く見通し

第4四半期に向けて、依然として下落が続きそうではあるが、今後数ヶ月の間に値動きの変化と底打ちの可能性が警戒される。トレードの観点からは、原油価格の更なる下落圧力を緩和するためには、6月のチャネルライン(赤)を週足の終値で上抜けすることが必要であろう。65.92を下回った場合には、2020年の週足終値の高値である59付近への完全なブレークダウンをもたらす可能性があり、テクニカル面から非常に不利であることに注意されたい。原油価格に関して、我々としては安値を模索する重要な四半期である。

トレードに役立つメール配信サービス

DailyFXからタイムリーで国内外のマーケット情報を受け取ることができます。

登録する

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。