メイン コンテンツへスキップ
無料トレードガイド
購読する
Please try again
Select

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー・イベント

0

通知を受け取る

ライブウェビナーイベント
経済指標カレンダー・イベント

もっと見る もっと見る
中国、最悪期を脱した?日本株の見通しとは

中国、最悪期を脱した?日本株の見通しとは

木全哲也, ストラテジスト

共有する:

このページの内容

中国で7-9月期のGDP成長率のほか、小売売上高などの重要経済指標が公表された。中国政府は、景気刺激策を打ち出しているが、徐々に効果が表れていることを示唆する結果であった。今後の中国景気の動向が与える金融市場への影響とは。また、日経平均株価の見通しとは

実行可能な取引アイデアをお探しですか?深堀りしたヒントが満載された第4四半期ガイド「注目のトレード機会」をダウンロードしてください!

今期注目のトレード機会
今期注目のトレード機会
推薦者: 木全哲也
2024年第2四半期 注目のトレード機会
ガイドを入手

サマリー

  • 中国景気、底打ちの兆し
  • 中国景気のネガティブサプライズの可能性が低下
  • 日本株の今後の見通し

中国景気、底打ち?

中国で7-9月期のGDP成長率のほか、小売売上高などの重要経済指標が公表された。不動産セクターの苦境など中国経済に対する懸念が強まっていた中、低迷が継続しているのか注目が集まっていた。7-9月期GDPは前年同期と比べて4.9%、小売売上高は前年と比べて5.5%の伸びとなり、事前の市場予想を上回った。ただし、固定資産投資は予想を下回っており、不動産開発などの投資が依然として低迷していることを示した。

18日公表中国経済指標

各国の最新の経済指標公表スケジュールや結果はDailyFXの経済指標カレンダーでご覧いただけます。

A screenshot of a graph  Description automatically generated

資料:DailyFX.com 経済指標カレンダー

 

18日公表の経済指標は、中国政府・当局は不動産セクターを含めた景気支援策を打ち出しており、徐々に効果が表れていることを示唆している。また、年初来の期待を下回る中国の景気回復を受け、金融市場参加者の中国景気に対する期待値は下がっている。その結果、中国景気の低空飛行が続きながらも、事前の期待・予想を上回る経済指標が徐々に増えている。これは中国経済サプライズ指数を見るとわかる。この指数は実際の経済指標の値が事前予想を上回るとプラスに、下回るとマイナスの値となるが、期待・予想が低下した結果、7月以降上昇基調にある。

 

中国政府からの大規模な経済対策は打ち出されておらず、中国景気の低迷が続く可能性がある。しかしながら、期待値が下がった結果、更に予想を下回る経済指標が発表され、中国発のネガティブサプライズが起こる可能性が低下している。このことは、中国景気の動向に強く影響を受ける日本株にとってもプラスであるが、日経平均株価の今後の見通しとは。詳しく見てみたい。

image2.png

資料:BloombergよりDaily FXが作成。

初心者のための先物取引
初心者のための先物取引
推薦者: 木全哲也
初心者のための先物取引
ガイドを入手

 

日本株(日経平均株価)見通し

日経平均株価(先物)は、30,300円まで下落後上昇に転じたものの、9月15日から10月5日の値動きに基づいたフィボナッチリトレースメント78.6%水準32,776円のブレイクに失敗した。その後は、フィボナッチ38.2%水準31,503円でサポートされ、値動きが小さくなっている。RSIは日経平均株価のモメンタムがほぼ中立であることを示す50前後で推移しており、テクニカル面では中立である。

 

中国経済の底打ちの兆しが見られていることはプラス材料であるものの、緊迫化する中東情勢、米国金利が高止まりする中、日経平均株価は上下双方に動く展開を想定したい。また、日本企業の決算動向も日経平均株価の変動要因になろう。

 

米国金利の低下や中東情勢の鎮静化、日本企業が好決算を示した場合、日経平均株価はフィボナッチ78.6%水準32,776円を再度トライすることを見込む。一方、日経平均株価が下落した場合、フィボナッチ38.2%水準31,503円でサポートされるかに注目。下方ブレイクすると、フィボナッチ23.6%水準近辺かつ心理的節目である31,000円への下落が視野に入る。

日経平均株価先物日足チャート

A screen shot of a graph  Description automatically generated

資料:Trading View

円相場見通し【無料】
円相場見通し【無料】
推薦者: 木全哲也
円相場見通し【無料】
ガイドを入手

新たなレポートの配信等はtwitterアカウント@DailyFXJapanで確認できます。

-- DailyFX.com ストラテジスト 木全哲也著

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。