メイン コンテンツへスキップ
無料トレードガイド
購読する
Please try again
Select

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー・イベント

0

通知を受け取る

ライブウェビナーイベント
経済指標カレンダー・イベント

もっと見る もっと見る
カナダドル見通し:原油価格と共に下落、米ドル/カナダドルはさらに上昇するか?

カナダドル見通し:原油価格と共に下落、米ドル/カナダドルはさらに上昇するか?

このページの内容

※2023年4月21日11時04分更新

米ドル/カナダドル、カナダドル、原油、WTI、世界経済成長 – トーキングポイント

原油相場見通し【無料】
原油相場見通し【無料】
推薦者: Daniel Dubrovsky
原油相場見通し【無料】
ガイドを入手

カナダドル、原油価格と共に下落

20日のニューヨーク外国為替市場でカナダドルは米ドルに対して下落し、先週末に始まった下落が続いた。米ドル/カナダドルは今週、1%近く上昇しており、今のところ3月初旬以来最大の週間上昇率となっている。このところ、カナダドルを下落させている要因は何だろうか?

それは、原油だろう。今週はウエスト・テキサス・インターミディエイト(WTI)原油先物が約7%下落しており、現時点で3月中旬以降最大の週間下落率となっている。世界経済の成長見通しが悪くなる中、石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなど非加盟国で構成されるOPECプラスが先月末に予想外の減産を発表して以来、WTI原油先物は上昇ギャップ(窓開け)をほぼ埋め尽くし、3月最後の週末以降に市場が取引を開始すると、急騰した。

石油はカナダの主要輸出品であるため、カナダ経済は原油の価格変動に敏感な時がある。最近は世界経済の成長減速懸念が原油価格を下押ししている。米連邦準備制度理事会(FRB)が19日公表した地区連銀経済報告(ベージュブック)によると、政策立案者は経済活動がここ数週間、停滞していると指摘した。一方で、国内要因によって動く中国経済と外部要因によって動く中国経済ははっきりと対比している。

今週初め、中国の小売売上高は予想を大きく上回り、中国経済はゼロコロナ政策からの転換を背景とした回復が続いている。しかし、世界経済の健全性をより敏感に反映する鉱工業生産は落ち込んだ。そのため、原油価格の下落に追随して、米ドル/カナダドルがここ数日、上昇したことはそれほど驚くことではない。米ドル/カナダドルの行方とは?

カナダドルのテクニカル分析

日足チャートに注目すると、米ドル/カナダドルは現在、20日単純移動平均線(SMA)に直面しており、試す展開となるのは3月末以来だ。このSMAは短期的に上値を抑制し、昨年11月からの上昇トレンドラインと1.3263-1.3334のサポートゾーンに価格を押し戻す可能性がある。一方、上方ブレイクが確認されれば、1.37の変曲ゾーンが意識されることになる。

トレードに役立つメール配信サービス

DailyFXからタイムリーで国内外のマーケット情報を受け取ることができます。

登録する

米ドル/カナダドル 日足チャート

資料:TradingView

--- DailyFX.com シニアストラテジスト ダニエル・ドゥブロスキー著

ドゥブロスキー氏に連絡するには、Twitter で @ddubrovskyFX までお願いいたします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。