メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
強気の日本円:政策金利のピークと原油が売られた日本円に恩恵をもたらす

強気の日本円:政策金利のピークと原油が売られた日本円に恩恵をもたらす

Justin McQueen, ストラテジスト
注目のトレード機会 :2022年第3四半期.
注目のトレード機会 :2022年第3四半期.
推薦者: Justin McQueen
絶好のトレード機会の予測を無料で入手
ガイドを入手

最初に、私の第2四半期の注目のトレードである英ポンド/米ドルのショート(1.3200付近から1.2750〜1.2800を目指す)について簡単に説明する。この見解の根拠は、金融引き締めに対するマーケットの見方が、イングランド銀行の消極的な利上げ論者と比較して、あまりにも積極的であったというものである。現状では、英ポンド/米ドルは2016年の英国のEU離脱を決めた投票以来最悪の四半期パフォーマンスを記録し、心理的な1.20水準も割り込んでいる状況である。私の目標が十分に野心的でなかったとも言える。

第3四半期を前にして、私は日本円に対して強気な見方をしている。その理由は2つある。米国債利回りとコモディティ、特に原油価格がともに高値を脱していること。これらは、日本円が今年最もパフォーマンスの悪い通貨の1つであった主な理由である。この2つの要因が調整されつつある今、下のチャートが示すように、日本円も調整される可能性がある。

出所:Refinitiv

私の米ドル/円に対する見方は、140円手前の130円だが、債券の利回りと原油価格が高値に戻った場合は、この見方の見直しが必要になる。もちろん、米ドル/円のリスクは、日本銀行(BoJ)が金融政策の異端児であり続けるという事実である。世界の中央銀行が積極的に金融引き締めをおこなう中、日銀は1週間で記録的な量の債券を購入し、イールドカーブ・コントロールを倍加させた。しかも、日本の当局者が極端な通貨安のメリットを疑っているにもかかわらず、日銀はこのような行動をとっているのである。

注目の水準

  • 下値:131.50(日銀反応安値)、130.00(心理水準・節目)、126.36(2022年5月安値)
  • 上値:135.00-20(2002年の高値)、136.71(2022年の高値)
  • 見方:136.00から米ドル/円が下げ、131.55への動きを視野に、原油と利回りが高値に戻り、米ドル/円が138.00を突破すれば、この見方は間違いだろう。

米ドル/円 チャート日足チャート

出所:IG

また、米国とユーロ圏のPMIの数値が軟調に推移していることから、マーケットでは景気後退の可能性が高まっており、特に欧州ではその傾向が強い。さらに、経済活動のデータが著しく低下した場合、景気後退リスクの積極的な再評価が行われ、このような環境下で優れたヘッジを提供するクロス円を押し上げる可能性がある。特に、豪ドル/円などのコモディティクロス円には、90.00以下の値動きの余地がある。

豪ドル/円

Source: IG

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。