メイン コンテンツへスキップ
無料トレードガイド
購読する
Please try again
Select

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー・イベント

0

通知を受け取る

ライブウェビナーイベント
経済指標カレンダー・イベント

もっと見る もっと見る
ビットコインの今後の見通し:テクニカル分析 - ビットコインは第3四半期では「買い」か

ビットコインの今後の見通し:テクニカル分析 - ビットコインは第3四半期では「買い」か

共有する:

ビットコイン相場見通し【無料】
ビットコイン相場見通し【無料】
推薦者: Paul Robinson
ビットコイン相場見通し【無料】
ガイドを入手

前四半期に向けて、私はBTC/USDが上昇する可能性に疑いの目を向けていたが、そのためにはビットコインが新たな関心を素早く集める必要があったはずだ。もちろん、第2四半期に入るとそれは実現せず、BTCはリスクオフのトレンドとともに急速に転落していった。

ビットコインは第3四半期では「買い」か

6月、BTC/USDは28600の重要なサポートラインをブレイクしただけでなく、2017年12月の高値19666を割り込んだ。しかし、17592で底打ちした後、週足で2017年の水準を上回る終値が見られた。週足で重要なサポートラインを超えて反転したことと、マーケットのセンチメントがより広範な反発に向かっているように見えることが相まって、BTCには今期、ある程度の買いが入るはずだ。

しかし、長期的な勢力がビットコインを大幅に下落させる方向にあるため、この強さは一過性のものと見られている。しかし、その前に(直線的に起こることはほとんどない)28600付近の以前のサポートラインに戻る30000付近までの上昇が起こる可能性は十分にあると見られている。その大きな節目を試す前に、25400の週足の安値に注目すべきだ。

ビットコイン(BTC/USD)週足チャート

チャート:TradingView

また、このポイントまで価格が上昇した場合、かつてのサポートライン周辺で何が起こるかが鍵となる。加えて、この水準は下降トレンドと連動しており、再び大きく下降する前の反発となる可能性がある。17592の下にある次の大きなサポートラインは、2019年の高値である13880にある。

17592のサポートラインが維持される限り、基本的なトレードバイアスは強気である。30000付近のかつてのサポートラインがもしかすると新たなレジスタンスラインとして試されるまでは、ロング寄りでトレードするのが得策かもしれない。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。