メイン コンテンツへスキップ
無料トレードガイド
購読する
Please try again
Select

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー・イベント

0

通知を受け取る

ライブウェビナーイベント
経済指標カレンダー・イベント

もっと見る もっと見る
ボラティリティはマーケット全体でレンジブレイクする可能性がある|2023年第2四半期の注目のトレード機会

ボラティリティはマーケット全体でレンジブレイクする可能性がある|2023年第2四半期の注目のトレード機会

共有する:

ボラティリティはマーケット全体でレンジブレイクする可能性があるが、トレンドは短期間かもしれない

第2四半期に入り、金融マーケットのマクロ環境は依然として高いインフレ率と、進行する銀行危機の影響が顕著に現れている。

この2つの問題は別に見えるが、実際には関連している。パンデミック時の超緩和的な金融環境は、過剰流動性を生み出した。その結果、物価への圧力が高まり、資本が過剰に利用できるようになったため、マーケットの危険性を受け入れるリスクテイクが可能になった。

2023年第2四半期の注目のトレード機会|2023年第2四半期のガイドブック【完全版】を無料で入手するには以下のバナーをクリックしてください。

2024年第2四半期 注目のトレード機会
2024年第2四半期 注目のトレード機会
推薦者: Daniel McCarthy
2024年第2四半期 注目のトレード機会
ガイドを入手

インフレの問題は言うまでもないが、さらに銀行危機が拡大し、一部の金融機関の存続が不透明になっている。これまでに破綻した銀行は、2つの理由が原因だ。1つ目は、資産と負債の釣り合いが取れないというバランスシートの不適切な管理によるものである。シルバーゲート銀行やシリコンバレー銀行(SVB)、シグネチャー銀行が該当する。2つ目は、金融引き締めにより資本の調達が困難になって、借入コストが上昇した場合にバランスシートの脆弱性が顕在化することである。クレディ・スイスやファースト・リパブリック銀行が該当する。

この先、さらに銀行が崩壊するかどうかは全くの「未知数」である。株価指数とFXに注目すると、パンデミックまで続いた長期のトレンドは現在のところ、終了しているように見える。

しかし、他の資産クラスでは、不確実性に起因する高いボラティリティの上昇が見られる。このシナリオでは、時間の経過とともにレンジが形成されており、多くの場合、片側にブレイクしてから新しいレンジを形成するか、または以前のレンジ内に戻る。

このような相場環境では、ダマシのブレイクアウトが投資機会をもたらす可能性がある。一般的に、このような相場環境ではしっかりとしたリスク管理を必要とし、マーケットがレンジをブレイクしたときの過度なボラティリティを許容するために、より小さなポジションサイズとより広いストップロスの幅を設定する。

このようなマーケットの例として、金のマーケットが挙げられる。金は約3年間、1,615〜2,075の広いレンジで推移している。上昇トレンドラインを下抜けし、以前の安値である1,677を割り込んでいる。昨年9月に1,615で安値を更新した後、上昇して再びレンジ内に戻っている。

この値動きは、多くのストップロスが下落で一掃され、新たなレンジが確立されているかどうか不明であるため、トレードが困難であった。

高値付近に注目すると、2022年3月の上昇局面において2020年8月の高値である2,075を超えておらず、ダブルトップを形成している。

現在の価格はその高値に向かっており、以前の高値付近で売る場合は投資機会となる可能性がある。ポジションサイズを小さくすることで、ダマシのブレイクが発生した場合に、より広いストップロスの幅を設定できる可能性がある。

ただし、過去の実績は将来の結果を示唆するものではないことに注意が必要だ。

金価格 チャート

TradingViewでチャート作成:ダニエル・マッカーシー

2023年第2四半期の注目のトレード機会|2023年第2四半期のガイドブック【完全版】を無料で入手する。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。