本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
トレードの基礎知識 / 株式市場を理解する 9 / 31
配当株のおすすめ投資法|失敗しないインカムゲインの狙い方を解説

配当株のおすすめ投資法|失敗しないインカムゲインの狙い方を解説

Warren Venketas, アナリスト
広告

配当株への投資は、インカムゲイン狙いの投資家が対象銘柄を調査する際に安全性や信頼性が高いと感じることがあるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。本記事では配当株の分析と投資方法について詳しく解説します。

配当株投資とは?

配当株投資とは、その名の通り配当の支払いがある銘柄に投資することです。株式における配当金とは企業収益の一部を株主に配当することであり、対象企業の株を所有することで投資家が保有している株式から配当金を受け取ることができるのです。

この投資方法では最善の投資先を決めるための徹底した銘柄リサーチが不可欠です。企業によって頻度は異なりますが、株式を保有することで定期的な配当金の支払いがあれば、投資家は永続的に収入を得られる可能性があります

詳しくは配当株の記事をご覧ください。

なぜ配当株に投資するのか?

配当株への投資は、長期的に資産を増やすための魅力的な手段であると言えます。その理由を説明しましょう。

  • 追加で定期的な収入源となる。
  • 配当再投資制度(DRIP)という配当金を再投資できる制度もあり、この制度を活用すれば現金で配当金を受け取らずに、同じ銘柄の買い増しに充当することができます。また、多くの証券会社がこのサービスを提供しています。定期的な再投資をおこなうことで、投資家は再投資時点の株価に応じて様々な価格帯の株を購入することができるのです。
  • 配当株はマーケットの低迷や景気後退時においても配当を継続することがあるため、株価下落の緩衝材になることがあります。しかしながら、配当金が継続して支払われる保証はありません。つまり企業は将来において配当を支払い続ける義務がないのです。特に企業が将来的に厳しくなると予測する場合には、手元に現金を残すために配当金支払いを停止して困難な状況を切り抜けようとすることがあります。

配当株に投資する前に考慮すべき5つのこと

1.投資目標

全ての投資家は具体的な財務目標を持つべきでしょう。この目標にはリスク選好度や資金、投資期間などが含まれます。投資目標を理解することは、投資家が投資対象を適切に選ぶための不可欠な要素です。本記事においては配当株を選択することになります。

2.配当株の選択

配当株の選択は何から始めたら良いのか分からないことが多く、少々難しいものと言えるでしょう。 まずは市場価値に対するさまざまな比率がマーケットにおける評価を知るための重要な情報になることを覚えておいてください。これらの情報はバリュー株とグロース株の識別に役立つだけではなく、銘柄間や株式セクター間、あるいは時価総額の比較を可能にしてくれます。

3.配当株ETF

配当株への投資は個別銘柄の購入のみを指しているわけでありません。配当株へのアクセスは、幅広く配当株へのエクスポージャーを提供する配当株ETFを利用することもできます。ETFは債券やコモディティなど様々な銘柄で構成される場合もあるので、ETFの構成銘柄を確認し、配当株としての要件を満たしているか否かを確認しましょう。

ETFと株式の違いについて学びましょう

4.配当履歴

配当性向が非常に高いという理由で銘柄を選択することは一見合理的と思えるかもしれませんが、重要なのは企業全体の体力や将来の見込みです。配当が多かったとしても、根本的に不安定で将来性がない企業もあるからです。そのような企業は、結果として将来的に減配、あるいは無配となる可能性があります。つまり、単に配当利回りの高さを求めるのではなく、適切なリサーチと分析をおこなうことが重要なのです。

さらに高利回りの配当株をリストアップした後に各銘柄を深く念入りに調べることで、購入に値する銘柄なのか、またはそうではないのかを見極めることができます。

5.委託手数料と再投資の選択肢

ブローカーの選択は軽視されがちですが、トレードのしやすさ、コスト、適合性などに影響を及ぼすことがありますので、最適なブローカーを選択することは非常に重要です。また、投資家、特に投資の初心者が混乱しないような使いやすいプラットフォームであることが大切です。

委託手数料は潜在的に受け取れるリターンへ影響を及ぼすため、契約前にブローカーについて入念に確認するようにしてください。また、注文の種類、株式マーケットの流動性、取引時間、出来高など株式投資の仕組みを理解する必要もあります。これらは適切な投資判断をすることに役立つものです。

さらに前述している配当再投資制度(DRIP)は、配当株投資戦略で大きな役割を果たします。このサービスを提供していないブローカーも多く、この制度については必ず事前に問い合わせるようにしてください。

配当株へのおすすめ投資方法

Understanding what goes into dividend investing is important but actually implementing that knowledge into an investment decision may be more complex. The hypothetical example below is a simplified version of dividend stock analysis:

Two stocks in the financial sector:

銘柄株価年初来の騰落率配当配当利回りPER配当性向配当成長率(3年平均)
A社$26.84(3.03%)$2.047.60%9.4846.58%9.83%
B社$10.98(4.27%)$0.716.47%8.6251.08%1.08%

上記の項目は、様々な金融マーケットの情報サイトなどで簡単に確認できます。この両銘柄共に同じ証券取引所の同じセクター(金融)に区分されていると仮定して話を進めていきます。

配当利回り

A社の株価はB社の約2.4倍、配当金も2.8倍と、A社は直近の配当金の分配額を基準とした割合では、より高い配当利回りとなっています。

株価の下落によって配当利回りが高くなる可能性があるため、配当利回りが高いからと言って必ずしも最適な投資先になるとは限りませんが、上記の年初来の騰落率をみると双方の株価がともに下落しており、さらにA社の方がB社よりも下落率が低いことが分かるため、このサンプルでは該当しないでしょう。

ここから先は将来への期待値、つまりどちらの企業が成長の余地があると考えられるか、また将来的に多額の配当金を得られる可能性があるのか、が重要な検討課題になります。

PER

この2銘柄のPERはほぼ同じですが、A社の方が若干高くなっています。これは、投資家がA社の利益1ドルあたりで、より多くの金額を支払っていることを示唆しています。このことから、A社の方が高い配当利回りであること、またA社がB社に比べて成長の余地が大きいと期待されている可能性が高まります。しかしながら、PERは企業の株価を利益で割ったもので、分析のほんの一部分にすぎない点であることを覚えておく必要があります。

配当性向

配当性向は、B社がA社をわずかに上回っています。配当性向とは、会社の利益がどのぐらい配当に充てられているかを示しています。配当性向が極端に高い場合は、その企業が成長戦略への投資に弱気であることを示している可能性があるため、懸念材料としてみられる場合があります。

配当成長率(前年比)

最後の基準は前年比の配当成長率ですが、A社(9.83%)がB社(1.08%)を大きく上回っています。前述の分析を含めて考えて見ると、高い配当利回り、同程度の年初来の騰落率およびPERなどを考慮することで、A社がB社よりも魅力的な選択肢と判断することができるでしょう。

しかし投資先を選ぶ際には、企業の経営陣や成長見通し、マーケットにおける位置付けなど、他にも多くの考慮すべき点があることに注意しなければなりません。

投資家は意思決定において、適切なリスク管理をおこない、自らの資金状況に応じた投資をおこなう必要があります。これを念頭に置き、手堅く投資をしていくためにはマーケット全体のポジショニングや潜在的な世界の経済および政治要因を考慮することが大切です。

成功しているトレーダーの特長
成功しているトレーダーの特長
推薦者: Warren Venketas
成功しているトレーダーの特長
ガイドを入手

配当株の投資に関するよくある質問(FAQ)

すべての銘柄で配当が支払われるのですか?

すべての銘柄で配当が支払われるのですか?

配当金の支払いは義務的要件ではないので、すべての銘柄で配当金が支払われるわけではありません。若くして成長している企業は配当をしない傾向にあり、その多くは将来の成長のために利益の再投資を選択しています。その一方で、配当をしている企業は若いグロース株よりも事業に向けた多額の再投資をおこなう必要がない可能性がありますので、一般的には成熟していると認識される傾向にあるのです。

配当株については、こちらの配当株のページで詳しくご確認いただけます。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。

広告