本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
原油 – 米国原油
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
GBP/USD
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
米ドルの上昇が続いているが、今後の展望は? 米ドル/タイバーツ、米ドル/インドネシアルピア、米ドル/フィリピンペソ、米ドル/シンガポールドル

米ドルの上昇が続いているが、今後の展望は? 米ドル/タイバーツ、米ドル/インドネシアルピア、米ドル/フィリピンペソ、米ドル/シンガポールドル

Daniel Dubrovsky, ストラテジスト

米ドル、米ドル/タイバーツ、米ドル/インドネシアルピア、米ドル/フィリピンペソ、米ドル/シンガポールドル – ASEAN諸国通貨 テクニカル分析

  • 米ドルは、ほとんどのASEAN諸国通貨に対して上昇幅を拡大した
  • タイバーツ、インドネシアルピア、フィリピンペソへ強気の姿勢をみせている
  • シンガポールドルは抵抗をさらに強めているが、レジスタンスゾーンをブレイクするのか

テクニカル分析入門

テクニカル分析について

推薦者: Daniel Dubrovsky

コースを始める

FX東南アジア通貨①USD/THBテクニカル分析 – 強気

米ドルは先週、タイバーツに対して急上昇しており、米ドル/タイバーツは2017年3月以来の高値を更新しました。さらに、重要なレジスタンスゾーンである34.759〜34.850を上抜けしており、フィボナッチ・エクステンション50%の35.426に焦点が当たっています。引き続き上昇すると、フィボナッチ・エクステンション61.8%の35.751、フィボナッチ・エクステンション78.5%の36.215がみえてきます。下落に転じた場合は、50日単純移動平均線がサポートラインとして機能する可能性があります。

米ドル/タイバーツ 日足チャート

TradingViewでチャート作成

FX東南アジア通貨②USD/IDRテクニカル分析 – 強気

米ドルは、インドネシアルピアに対して上昇しており、5月下旬からの上昇幅を拡大しました。米ドル/インドネシアルピアは、5月の高値である14730を上抜けしており、現在、2020年9月の高値に急接近しています。そのため、14915〜14975が重要なレジスタンスゾーンとなる可能性があります。下落に転じた場合、20日単純移動平均線と50日単純移動平均線がサポートラインとなり、上昇トレンドが維持される可能性があるでしょう。

成功しているトレーダーの特長
成功しているトレーダーの特長
推薦者: Daniel Dubrovsky
成功しているトレーダーの特長
ガイドを入手

米ドル/インドネシアルピア 日足チャート

TradingViewでチャート作成

FX東南アジア通貨③USD/PHP テクニカル分析 – 強気

米ドルは先週、フィリピンペソに対して上昇しており、4月上旬からの上昇幅を拡大しています。当面のレジスタンスラインは、フィボナッチ・エクステンション100%の53.89になるでしょう。このレジスタンスラインを上抜けすると、2018年の高値である54.43がみえてきます。下落に転じた場合、フィボナッチ・エクステンション78.6%の53.307がサポートラインとなる可能性があります。サポートラインを下抜けすると、20日単純移動平均線と50日単純移動平均線がみえてきます。50日単純移動平均線はサポートラインとなり、上昇トレンドを長期的に継続させる可能性があります。

米ドル/フィリピンペソ 日足チャート

TradingViewでチャート作成

FX東南アジア通貨④USD/SGD テクニカル分析 – やや強気

米ドルは先週、シンガポールドルに対して堅調に推移しました。米ドル/シンガポールドルは1.3946〜1.3986のレジスタンスゾーンを上抜けせずに、下落に転じましたが、大きな下落幅はみせていません。50日移動平均線と100日移動平均線による強気のゴールデンクロスがみられるため、テクニカル的には上昇トレンドであると判断できます。レジスタンスゾーンを上抜けすれば、より強い上昇トレンドとなり、フィボナッチ・エクステンション61.8%である1.4017に焦点が当てられます。ただし下落した場合、5月の安値である1.3660に近づく可能性があるでしょう。

米ドル/シンガポールドル 日足チャート

TradingViewでチャート作成

--- DailyFX.comストラテジスト ダニエル・ドゥブロフスキー氏著

ドゥブロフスキー氏に連絡するには、下のコメント欄を使用するか、Twitter で@ddubrovskyFX までお願いいたします。

トレードに役立つメール配信サービス

DailyFXからタイムリーで国内外のマーケット情報を受け取ることができます。

登録する

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。