メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
FXテクニカル分析:ポンドドル(GBPUSD)

FXテクニカル分析:ポンドドル(GBPUSD)

Junichi Ishikawa, IG証券マーケットアナリスト

FXテクニカル分析:ポンドドル(GBPUSD)

【サマリー】

  • ポンド相場は対米ドルでの予想変動率が上昇基調にある
  • ここまでのテクニカルの攻防を考えるならば下値トライを警戒したい
  • 1.18を再度ブレイクする場合は1.17前半の攻防が焦点に
  • テクニカルの面ではフィボナッチ・プロジェクションの2つの水準に注目したい
英ポンド相場見通し
英ポンド相場見通し
推薦者: Junichi Ishikawa
ポンド相場の予想を無料で入手!
ガイドを入手

・大きく動く可能性があるポンドドル

ユーロドルEURUSD)はパリティの水準(1.0)を割り込み、新たな局面へシフトする展開となっている。

同じ欧州通貨のポンドは対米ドル(GBPUSD)で、新たな局面へシフトするかどうか?の分岐点にある。

予想変動率(インプライドボラティリティ)の動向を確認すると、8月中旬以降、1週間(1W)のそれは上昇基調にあり、1ヶ月(1M)のそれは高止まりしている。

これらは、通貨オプション市場の参加者が、ポンドドルの変動幅が拡大し続ける可能性を意識している動きと捉えることができる。

ポンドドルの予想変動率

ブルームバーグのデータより作成 / 日足(6月以降)

GBP/USD 強気
データ提供:
の顧客はネットロングです。 の顧客はネットショートです。
変動 ロング ショート 建玉
日次 -9% 7% -2%
週次 -26% 51% -4%
IGクライアントセンチメント:ポンドドル(GBPUSD)
ガイドを入手

・ここまでのテクニカルの攻防を考えるならば下値トライを警戒

ポンドドルが動くとしたら上か?それとも下か?

①1.23レベル手前でダブルトップ形成となったこと

②21日線(MA / 今日現在1.1970レベル)がサポートから再びレジタンスへ転換していること

③これらの過程で短期レジスタンスラインが形成されたこと、そしてー

④現在のMACDのトレンド(デッドクロスの示現とゼロラインの下方ブレイク)

以上4つの動向を総合的に考えるならば、警戒すべきは下値トライの方である。

ポンドドルチャート

TradingView 日足(今年5月以降)

テクニカル分析入門

テクニカル分析について

FXで勝ちたいならテクニカル分析を学ぼう!

コースを始める

・目先は1.18の攻防が焦点に

予想どおりポンドドルが下値トライとなる場合、目先の焦点は今日の東京時間に相場をサポートした1.18レベルの攻防である。この水準は、昨日の高安の半値戻しの水準にあたる。

今日の欧州タイム序盤では、さっそく1.18をトライする動きが見られる。

ポンドドルチャート

TradingView 15分足(今月23日以降)

テクニカル分析入門

フィボナッチ

フィボナッチについて学ぼう!

コースを始める

・1.18のブレイクならフィボナッチ・プロジェクションの攻防に注目

ポンドドルが1.18レベルをあっさりと下方ブレイクする場合は、下落幅の拡大を警戒したい。

ポンドドルが1.17台の攻防へシフトする場合、注目したいのがフィボナッチ・プロジェクション61.8%の水準1.1733レベルの攻防である。

直近2日間の相場では、このテクニカルポイントで下落が止められた(日足ローソク足の実体ベース)。三度同じ展開となれば、重要サポートポイントとしての存在感が増すだろう。

逆に61.8%の水準をローソク足の実体ベースで完全に下方ブレイクする展開となれば、次の焦点は昨日の安値1.1717レベルや1.17の維持となろう。

だがテクニカルの面では、フィボナッチ・プロジェクション76.4%の水準1.16レベルの攻防となるかどうか?こちらの方が重要である。

そして、冒頭で述べたとおり予想変動率が上昇傾向にあることを考えるならば、「1.17ブレイク→1.16トライ」の可能性を意識すべき局面にある。

ポンドドルチャート

TradingView 日足(今年5月以降)

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。